2018年スプリングS レース展望

JUST競馬予想ブログ

スプリングS -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 


朝日杯2着馬・ステルヴィオが、まずは重賞を勝たないといけないという形で、満を持して登場した。

普通に考えて、あのレースレベルと比べると、大した相手関係にはないように思う。

人気に応えられる確率は、それになり高い。

ただ、トライアルだからということよりも、周辺の風向きがやや不利を受けるような雰囲気にあるのも事実。

年末の騎乗停止事案が、年明けに適応され、この間も再びの騎乗停止を食らったルメール騎手が、まず不安材料の第一番手。

サトノダイヤモンドは仕方ないとして、しかし、鞍上の判断が本当に正しかったのかという疑念を、本来は一笑に付せばいいところが、今季不安定の成績の影響で、完全払拭はできないでいる。

ただでさえ、仕掛けのタイミングが難しい馬。

ステルヴィオは東京だから後方待機に転じたわけではないという朝日杯の追い込みの内容がある。

乗り替わったクリスチャン騎手も、エンジンの掛かりが遅いと言っていた。

小回りも経験し、すでにこの距離では勝っているという実績が、人気の最大の根拠になる一方で、何でもありの舞台だけに、手頃な13頭立てという組み合わせながら、少頭数より多頭数、軽い馬場より湿り気のある馬場の方が堅いという結果が示す通り、一筋縄ではいかないものがあるのが、中山1800のクラシックトライアルなのだ。

危険性はあっても、妙に頭から離れない前走のスケール感溢れる内容から、ホッカイドウ競馬のハッピーグリンをここでは推したい。

前走は圧巻。

同じ開催の共同通信杯より時計が大分遅いので、レースレベルもメンバーの質も推して知るべしだが、交流重賞で力を出せなかった馬とは思えないほど、この馬は芝適性に恵まれていることを示すように、中団の外から、スローペースを豪快に伸び切って、上がり33.3秒で突き抜けた。

大したプラス材料にはならないが、1馬身強遅れた人気馬のリビーリングは、弥生賞では掲示板に載って、惜しくはないがダノンプレミアムから0.8秒差の5着に入っている。

今のステルヴィオは、決してここでも抜けた存在ではなく、幾らか付け入る隙のある中心馬という評価に落ち着く気がする。

リビーリングは、特段の進境が見られる内容ではなかったにも拘らず、その他大勢の括りの中ではベストパフォーマンスだったのだ。

少なくとも、ハッピーグリンはそれよりスケールは上である。

ステルヴィオに札幌で負けた時は、芝も1800という距離が初めてだったことのあり、強引な正攻法が裏目に出て、完敗の3着。

ただ、何故かあれ以降、ステルヴィオに不安な何となくお尻を押してやりたくなるような感じのレースが続いてしまって、件の鞍上の不安も付きまとう。

ミルコと似た性質があるのではないかという指摘も最近は出てきているが、レースプランの組み立てやスタンスは、常に合理性を重視するタイプ。

欧州型の考える人タイプではないにしても、頭が冴えないことには、本領発揮とはいかない。

一方で大野騎手というのは、気楽な立場になれば、途轍もない集中力を発揮する面がある。

前回は様々な可能性を考え、差す形に拘った面があるものの、地方馬に連対は必須のトライアル。

強気に出た方がいいというのは、父ローエングリンも直仔ロゴタイプも同じだった。

北の勢いは…、というと語弊があるか。(笑)ヒガシウィルウィンやハッピースプリント以外、いくらでも非中央組の才能は揃っている。

社台も当たりの年。日高だって…。

◎ハッピーグリン

○ステルヴィオ

▲ビッグスモーキー

注エポカドーロ

△ゴーフォザサミット、バールドバイ、レノヴァ-ル

伏兵は連勝中のエポカドーロ以外横一線のように思うが、ビッグスモーキーも芝の方がいいかもしれない説が出てくるかもしれないすみれSの内容がある。十分に勝機はある。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方