2018年マイラーズC レース展望

JUST競馬予想ブログ

マイラーズC -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

いいメンバーだ。

エアスピネル、ダッシングブレイズ、サングレーザーなど、昨年の重賞勝ち馬がいる。

それに路線変更のカデナ<今回は幸騎手>、ブラックムーン、妙に安定して不気味なグァンチャーレもいる。

他にも重賞馬がいるから、手が回らない可能性が大いにある一戦。

迷うのは一向に構わないが、一方で、頼れる馬が少ない気もしないではない。

ならばと言って買えるタイプでもないが、一応、父と同じようにマイルで不敗のモズアスコットのスケール感を、ここでは一枚上と考え、最重視したい。

1400戦で結果を出し続け、阪神Cは豪華メンバーながら、事前の条件戦での圧倒的なパフォーマンスから、栄えある一番人気に推された。

3歳馬で勝つことは難しい。それも差し馬としての台頭だから、時計勝負でベテラン同士の決着での4着は、豪快な競馬での結果を考えると、まあ、十分とも言える。

阪急杯も似たような結果で、今度は前を捕まえきれずの2着。

思ったのだが、無理に抑えると結局は、欧州型のタフさが邪魔をして、勝負所で置いて行かれてしまうのではないか、と。

マイル延長は歓迎のはず。

だいたい、秋の阪神とはいえ、マイルで1:32.7という好タイムを中団からの差し切りで叩き出しているのだ。

父はノーザンダンサーの同系配合で、母方も別流の同系が2本。

ただ、アメリカンな配合で、同期のミスエルテよりは上等な芝馬に育ちそうな配合に見え、ミスワキのクロスも気性面にプラスはないだろうが、軽さを足されていない分、底力だけは保証しているように映る。

1400重賞で結果を出せるくらいなのだから…、の論理は通用するはずだ。

◎モズアスコット

○ロジクライ

▲エアスピネル

注サングレーザー

△ダッシングブレイズ、ブラックムーン、ヤングマンパワー

ここでは、よく立ち直ったロジクライも買っておきたい。シンザン記念制覇から2年後に、その時の走破タイムを上回って、2度勝ってしまう故障上がりの馬など、全く記憶にない。同じ路線での成功が見えているということは、いい成長の時間を作れた証拠である。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方