2018年フローラS レース展望

JUST競馬予想ブログ

フローラS -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 

 

ディープを追いかけるのは、もはや、オッズ面を考慮するとかなりのリスクになるというようなクラシック一冠目のレース結果がある。

両方のレースで、ディープインパクト産駒が空振り、それも人気馬がいた中での不発となると、産駒デビューから今年で7年目を迎える中、実は初めてのことになる。

おかしなものである。

一方は時計勝負、もう一方はタフな稍重での競馬。

桜花賞には縁があって然るべき展開だったはずなのに、好走の人気上位馬は、オルフェーヴル、ロードカナロア、ルーラーシップと、パワー型が独占。

その流れを汲むように、オルフェーヴル-ルーラーシップ-スクリーンヒーローで決まった皐月賞。

今回のフローラSには、オハナ、サトノワルキューレ、サラキア、レッドベルローズに加え、エルフィンS2着の良血馬・ノーブルカリナンも登場するから、ある意味、パニックを起こす原因ともなりかねない状況になった。

ここまで一応、ディープインパクトのポテンシャルを評価するが…。

筆者は一貫して、この世代は芝・ダート、牡と牝問わずに、全ての路線が充実していると考えてきた。

色々な馬にチャンスがあるからこそ、その裏の面が皐月賞で現れ、総合力のマイルGⅠとなった桜花賞は、ほぼ力通りの結果。

牝馬は牡馬よりは、血統面の水準にいくらかルーズさがあって、直系の力がそこまで重要ではない面を持っているから、あの桜花賞も必然的な結果と捉えている。

東京の重馬場、中山のタフなコンディションにも適応、ハイレベル決着のクイーンCで小柄な体でも頑張って4着に入ったオハナに、距離への融通性を感じたので、これを本命に推す。

母系はノースフライト以外はそこまで素晴らしい結果を残している馬がいないものの、そのフィルターを通すことで、隔世遺伝の可能性や直系の底力をダイレクトに引き出すイメージを持たせる期待馬がこれまで何頭も登場している一族だから、姉であるハナレイムーンより気持ち頼りない馬体ながら、秘めたる底力では、ここまで孫世代ではかなりの上位にいると思わせるものがある。

先述の戦績に加え、ワンターンでキレる脚を持ち味にする後傾ラップ型が大半の一族に対し、前走のクイーンCでは流れもあって、中団から外を回ってきて、差し馬有利の展開のようで、厳しすぎる展開が災いして、ロスなく回ってきたフィニフティと坂の辺りで並んでいたのだが、フラフラ走って置いて行かれながら、最後はもうひと伸びで前との差を詰めて4着。

単純にキレる馬という印象はなく、これまで勝ってきたマイル戦での実績を踏まえると、この時期の牝馬とすれば、中距離の総合力勝負に適した能力を大いに秘めているという印象を持った。

本番の距離をすでにこなして勝っているサトノワルキューレやQC不発から中山であっさり巻き返し楽勝のレッドベルローズよりは、馬体に頼りなさがある分、迫力で見劣るような雰囲気があるようで、実は、こちらの方がよっぽどタフな馬である可能性がある。

どうせ同じ父の仔なら、本番で買いたい小さな馬から狙うのが筋だろう。

クイーンCからの直行は、人気になる分だけ妙味なしの傾向があるが、当時も伏兵評価、今回も最上位の支持とまではいかない。

何となく、そういう馬に乗っている時の方が、石橋脩という騎手の持ち味を引き出す環境になるか。

堀厩舎の大事な良血馬に乗るわけで、ここも結果で存在感を示したい。

◎オハナ

○ファストライフ

▲レッドベルローズ

注ヴェロニカグレース

△パイオニアバイオ、サラキア、ノームコア

他にも押さえたい馬は多いが、敢えて、スーパーホーネット×チチカステナンゴというキャラ不明の安定株・ファストライフを買っておきたい。

短距離で1勝の馬だが、前走を見る限り、本当は広い馬場で、もう少し長い距離でも…、という印象がある。

荒れるレースだから、この手の馬は押さえるべきだ。

 

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方