2018年安田記念(4週前)レース展望

JUST競馬予想ブログ

安田記念展望

読了までの目安時間:約 3分

 

 

昨年の中波乱の構図は、今年も引き継がれるのだろうか。

今年勝つのに必要な要素は、過去のデータと突き合わせつつ、で参りたい。

GⅠ馬

スワーヴリチャード

ペルシアンナイト

レッドファルクス

リアルスティール

アエロリット

アルアイン

ソウルスターリング

少なくとも、ここ10年をとっただけでも、すでにGⅠタイトルのあった馬ばかりが勝っていて、若い馬の場合は、GⅠ2着のあったリアルインパクトであったり、覚醒したことが明らかになりつつあったモーリスなど、意味もなく穴で快走するバンブーメモリーや最初に勝った時のヤマニンゼファータイプは登場していない。

古馬のGⅠで好走している馬は、無条件で候補になる。

ノンタイトルホルダー

エアスピネル

サングレーザー

ブラックムーン

ヒーズインラブ

ウインガニオン

穴で走るのは、中距離型で癖のないタイプ。

勝ち切れないまでも、5回走ったら3回は馬券に絡むような馬に、人気薄での快走を期待できる。

順当な結果は少ないレース。前年のこの時期の好成績も重要。

今年はエアスピネルにもチャンスはあったのだが…。

その他で狙えそうなのは、

ダイワキャグニー

サトノアレス

グレーターロンドン

東京が得意で、尚且つ、重賞で何度も人気になっているような馬が、どうにも勝ちあぐねていて、それでも格の高いレースで底力を発揮するパターン。

最近は、短距離GⅠでも出走登録の数が多くなり過ぎないから、京王杯SCで走り過ぎなかった時のグレーターロンドンは、無視しない方がいいだろう。

焦点は、繋がる時は真っ芯で捉えることがある、別路線となる大阪杯組か。

GⅡ時代から、軸になるときは確実性があって頼りになるグループだったが、昨年は、昔からコネクションの強い秋天好走歴のある大阪杯2着のステファノスが凡走している。

秋にアル共杯快勝のスワーヴリチャードが人気になるわけで、これはこれで取捨難解。

グラスワンダーやオグリキャップは崩れなかったが、彼は有馬では力を出せていない。

相手関係次第、という雰囲気である。

 

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方