2018年 春 クラシック展望

JUST競馬予想ブログ

春クラシック最終展望

読了までの目安時間:約 3分

 

最終トライアルや第一冠戦と別グループの総括をしたいのだが、注目GⅡは、期待馬が走ったことで、かなりのスケール感を結果で示す好内容だったのは事実。

衝撃の追い込み体験がミルコの勝負勘を狂わせたのか、京都新聞杯で1番人気を見事に飛ばしてしまったが、その原因となった?フローラSのサトノワルキューレは、例年なら断然人気の本命候補だ。

代々、レコード勝ちするなどして、本番でも人気になって潰される傾向は、近年の本番もタフな好時計決着になる流れもあり、ほぼ力を出し切れる状況。

どう乗るかわからない点で、アーモンドアイは相手の末を意識するだろうし、変に意識しすぎて溜めすぎる可能性もあるラッキーライラックという構図に変えただけでも、その他の陣営にはありがたい存在。

これは素晴らしい挑戦者の誕生である。十分に1番人気の可能性がある。

青葉賞は卒なく乗った蛯名騎手の執念が乗り移ったゴーフォザサミットが、本来のスケール感を示した完勝の内容。

GⅠ3着馬なのに、異常に人気がなかったステイフーリッシュは、レース史上に残る好タイムで京都新聞杯を快勝。

中距離志向の強かった皐月賞の結果と、そこに挑まなかった有力馬のキャラが、今年は非常に際立っているので、ダービーはかなりのハイレベル決着が予想される。

せっかく、双方ともいい位置からの競馬ができるようになり、正攻法以外は考えづらいGⅠ馬の動きも加味すると、馬場状態や距離適性、当然のことながら、東京に対する適応力も必要になるはずだ。

注目伏兵の2頭は、脚質こそ違えど、距離延長なり、2400M以上という舞台設定に可能性を見出したいタイプ。

故に、オークスとは反対に、皐月賞で差し損ねた面々の一気の逆襲を狙うのは、実は、案外の正攻法の攻略プランのように思えてきた。

鈴をつける馬はいなかった3月の対2歳王者作戦は、今はもう、意識の仕方如何で、どのような展開にもなり得る流動性を生み出そうとしている。

両レースともレースレコード更新の可能性は、今の馬場状態が続けば、十分に想定内だ。

面白そうだという以上の必見の材料が見られることが、この世代の競馬の魅力である。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方