2018年宝塚記念 1月前展望

JUST競馬予想ブログ

宝塚記念展望

読了までの目安時間:約 3分

 

先週だったか、サトノ軍団3頭を含めた最大5頭を送り込もうと目論む、池江泰寿厩舎なる存在がいることに気づかされた。

アルアインにサトノダイヤモンドはともかく、サトノクロニクルと高齢馬2頭は、ほとんど賑やかしといった風情。

例年通りの馬場になると、みんな2割減のパフォーマンスしかできない可能性がある。

最初はウエルテルと呼んでいたワーザーが、それなりの勝算があって、日本に初お目見えする公算が大きくなってきた。

当面は予備登録のこちらも賑やかしになるわけだが、季節柄、香港の競馬はお休みになる上に、南半球のリズムで番組が組まれるから、どの道大きなレースはやらないので、疲れているからという理由で回避することはない。

馬場を見ての参戦となるようだが、特別登録まではほぼ、間違いなくしてくるだろう。

モンジューの孫×サートリストラムの孫という配合。昨年のように、道悪なのに時計が速いというのでは来ないタイプか。

天皇賞組がパッとしないように思える。

シュヴァルグランは秋に備えてくるはず。

大阪杯組。勝ち馬は出てこないだろうし、アルアインにベストの舞台にもならないか。

安田記念を勝って出てくる馬がいたらともかく、夏が苦手なヤマカツエースが本気の参戦もなさそうで、意外と今年のGⅠ好走馬は、ヴィブロスとかレイデオロくらいしか買いたい馬が見当たらない。

ウインブライトやマイネルハニーではちょっと物足りないし、あとは菊花賞ワンツーの2頭やAJCCの上位2頭くらいしか軸にできそうな馬がいない。

昨年の結果を踏まえれば、ミッキースワローかキセキが定石通りの本命候補になる。

昨年の秋よりパワーアップしているというなら、納得の軸馬になるのだが、結果が今一つだし…。

久々に先行型の出番のような気もする。

海外で走ってきた組が案外ということが多いこのレースは、道悪になると途端に、その手の馬が活躍する傾向にある。

ヴィブロスが福永騎手で兄の遺恨を消しにかかると思えば、一方で、専門家や職人気質の人馬にも注目の、自由なグランプリに今年はなりそうだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方