2018年マーメイドS レース展望

JUST競馬予想ブログ

マーメイドS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

雨予報が出ている中、都合よく、ハービンジャーやらステイゴールドといった候補がいる。

おまけに斤量も魅力的。

思い切って、ここは減量騎手にとっては有利な50kgでの参戦馬の登場で出番が回ってきた中央2場開催で、大きな金星を挙げてもらいたい富田暁騎手のヴァフラームから。

一族はヒシアマゾンを頂点とするケイティーズの名牝系であり、近親には極めてタフなコンディションと展開を味方に、宝塚記念でメイショウサムソンとの名勝負を演じたアドマイヤムーンがいる。

ハービンジャー×ジャングルポケット。

共に、似たような形態の秋華賞馬を送り込み、奇遇か必然なのか、道悪の時の優勝馬という共通点を持つ。

ヴァフラーム自身はタフな中距離型で、道悪を特別好むわけでもないが、最近は誰が乗ってもいい位置を取れず、距離などの面に頭打ちの傾向が出てしまっているものの、縁あってか、春の高速決着となったここ2年のレースで、まずまず健闘を見せている。

昨年は阪神2200Mを2:11.7で乗り切り、そこは2着。

以後、得意の小倉では走ったが、前走の東京2400で高速決着になった時に完敗も4着入線の時まで、ほぼ開店休業状態。

ただ、冬に太りやすいというか、あまりその時季に攻めないのか、今になって絞れて、意外と長いところも良くないという結果が出ている状況で、50、距離一気の短縮、あわよくば重馬場の条件で、一変の可能性を秘める。

今回はブリンカーを装着し、普段から乗り慣れた軽量の競馬を求められる富田騎手のやるべき仕事は、だいたい予想がつく。

できるだけ位置をとりに行くはずだが、意外と速い上がりも使える馬。

伏兵の競馬に徹すれば、かなり面白い存在となる。

◎ヴァフラーム

○レイホーロマンス

▲アンドリエッテ

注ルネイション

△キンショーユキヒメ、ミエノサクシード、ワンブレスアウェイ

道悪が得意そうなベテランを中心に、ここは軽めの斤量の馬から拾っていきたい。

妙味は、母系のアメリカ血統が道悪適性を引き出している感もあるアンドリエッテか。


■ 話題の競馬指数を検証

WIN5で200万馬券を的中させ、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方