2018年大沼S レース展望

JUST競馬予想ブログ

大沼S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

現状、暫定王者のゴールドドリームとかつては好勝負であったストロングバローズが登場してきた。

順調に使えないこともあるが、前走の梅田S勝利は、実に2年ぶりの勝ち星だった。

上がり目はともかく、調子はまずまず戻りつつあるのだろう。

今までになく、田辺騎手が騎乗したこともあって、後方からのゴール前抜け出しのような内容は、条件戦とはいえハイペースに乗じた結果で、実力を考えたら当然でも、必要なことをやった中での好転だから、少々の評価上増しが妥当か。

大型馬すぎて、ズブいのではなく、動き出すのにどうしてもモタモタするところがあった彼が、増えることはあっても、前走では初めて大幅体重減の546kgで出走。

ボールドルーラー系で大型馬が多いのは当然としても、若い頃にはできていた好位抜け出しなど、最近は全くできないでいた。

間違いなく、ベストの体ではない。

ただ、まだシャープではない中での差し切りの結果は、そんな特性を考慮し、これまで敬遠してきた小回り初参戦で、藤岡佑介騎手への乗り替わりで、全く違う形に持ち込む可能性がある。

去年テン乗りで先行策をとった勝浦騎手でまた行きそうなヨシオを負かしたのが、何を隠そう、その藤岡騎手。

ヴァーミリアンの大型馬・エポックを駆って、見事な2番手抜け出し快勝であった。

リーゼントロックがつついたところで、流れは高が知れているし、何を求められているか咀嚼して騎乗することの多い鞍上なら、前走と同じ策はとってこないだろう。

やるなら、後方一気の直線勝負。相手は強力ではないからあり得るが、どうしたって、自力で前を潰しに行く方が合うタイプ。

わずかだが、実績から56での出走になり、斤量1kg減で確勝級。

相手が問題か。1400Mなら芝もダートも時計決着歓迎のマッチレスヒーローなら、小回りの差し脚比べで見劣りはなさそうでこれが対抗。

◎ストロングバローズ
○マッチレスヒーロー
▲ヨシオ
△アングライフェン、ゴーインググレート、ブレスアロット
 


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方