2015 根岸S予想

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

根岸S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

日曜日の開催には、それほど影響はないだろう降雪予報だが、去年のこともあるし、念のため用心はしておくべきだろう。
そもそも、昨年の代替開催の時にもあったが、雪が降っている状況で競馬をした後としないで順延された場合とでは、圧倒的に後者の方が影響は少ない。
むしろ、芝の場合だと、馬場発表とは似ても似つかない高速決着になる場合もあるくらいで、雪が雨に変わるかどうかでも、ダート戦の展開を左右する馬場状況に対する騎手心理などもあるから、容易な推理とはなり得ない。

本当は、当日になってから決めた方がいいこともあるのだろうが、事前の推理をする段階でも、ある程度の部分までは理解できる力関係と近況における善し悪しという判断材料から、大分絞り込めるメンバー構成ではある。

東京ダ1400Mで勝ち鞍のある馬は、関西馬が13頭という組み合わせもあってか5頭も少なめだが、うち東京の重賞を勝っている馬が3頭いて、最多の4勝を挙げているアドマイヤロイヤルも左回りの中京でプロキオンSを制している。
もう1頭のキクノストームも、勝ち鞍の半分が東京と中山という馬で、変に選り好みすることがないのは強調材料。
即ち、これらを押さえておけば、だいたいの見立ては構築可能。

さて、あとは彼らに何が足らないかという面についてだが、根岸Sの勝利経験のある古豪2頭は、キャリア十分といえども、近走の内容が芳しくないので、軸馬にはしづらい。考え方次第だが、気難しさも込みで本線で狙う気になれない。
アドマイヤロイヤルは、昨秋の南部杯での好走はあるものの、エアハリファにも完敗しているからちょっと辛い。
狙うなら、前回追い込みを決めたキクノストームとワイドバッハ。
まあ、力のついた6歳馬なら、安定感を買うのは悪いことはないから、鞍上の先週の鮮やかな騎乗ぶりも込みで、ワイドバッハが軸候補の筆頭といったところか。

ただ、彼が豪脚を見せた武蔵野Sで、休み明けながら1番人気に推されたエアハリファの充実ぶりも捨てがたい。
1800戦を中心に、東京でもマイルを2勝している総合力で勝負するタイプだが、アンタレスS6着時に感じたのは、軽いダートのスピード型では?という可能性。
その直後に、重のアハルテケSでベストウォーリアを負かしている。今回もフレッシュな状態で使えるから、ワイドバッハを逆転しても何ら不思議はない。
2か月以上のレース間隔で出走しても結果を出せることを陣営がよくわきまえている点も心強い。最後に挙げたこの3頭に、開催末もう一度東京に来てもらいたいという意味でも、エアハリファの優先出走権獲得に一票投じたい。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方