2018年函館記念 レース展望

JUST競馬予想ブログ

函館記念 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


レースの性格上、また、馬場状態によって時計の振れ幅がかなり大きい北海道の芝競馬である点も含めると、それほどいい予想とは言えないのだが、少々、レベル差のある組み合わせで、キレイにそれが二層に分かれるメンバーのように感じる。

先週の七夕賞もそうだったが、無理筋で斤量が厳しい馬を選ぶレースではなく、特に、この競馬は特殊な才能のある馬に有利になりやすい傾向もある。

ちょっと前だったけど、確かな実績はある…。

そういうメドウラークタイプの馬はいるのか。

下手に55など背負わされる重賞好走馬は比較的高齢であり、トップハンディの57以上の3頭は7歳馬が2頭で、狙いは限られるという感じ。

56ではまずまずの実績のある馬が多く、同時に、信頼できるような実績があるというほどではない、人気の割に怪しいタイプが各世代にいる。

オープン実績がある程度モノを言うというのは、ここに7頭いる重賞馬のうち、故障などの理由で使いようがなかった馬が、ようやくこの辺りで体調が整ったというよっぽどの事情がない限りは押さえづらい傾向からも、古馬相手に2000M以上のオープンないし準オープン勝ちのある馬に限られそうで、

サクラアンプルール

スズカデヴィアス

マイネルハニー

これがそのままトップハンディグループだから、その他古馬相手の2000勝ちの記録があり、今年の勝ち星のある、

カレンラストショー

トリコロールブルー

それに今年はあまり使われていない近1年以内の2000Mオープン勝ちの記録がある、

ブラックバゴ

トップハンディ以外で2000重賞の勝ち鞍がある、

エテルナミノル

巴賞組の重賞馬、

ブレスジャーニー

などが拾える相手になるか。

巴賞負けでオープンキャリアに乏しい馬はなかなか苦しいので、北海道で勝てていないクラウンディバイダは切れる。

古馬相手の2000勝ちはないが人気になりそうなハービンジャー産駒のナイトオブナイツは、56据え置きの古馬重賞初参戦で、脚質もネック。

これらに生涯唯一の2000M参戦が、2年前の道悪の札幌記念で惨敗というロジチャリスも6歳という理由で押さえたい。

総合して考えて、ここは本命はマイネルハニーがいいように思う。

崩れるタイプではなかったが、これまではフレッシュな状態でよく頑張るタイプだったのに、前走の巴賞は初の洋芝の重馬場という悪条件の上で、見せ場作れずの中山記念後のレースで、形は作ったものの、初めての490kg台の体も影響したか、またしても惨敗。

しかし、これだけ敗因が重なる馬も珍しく、高々GⅢ1勝馬が加算賞金の関係で58だった影響が最大の敗因になったように思う。

勝ち馬から3馬身半ほどの差で、意外にもその時が丹内騎手との初コンビだった点まで加えると、57という死角を除けば、そもそも馬場が渋るくらいが最も合うような馬で、本当はフレッシュな状態がいいタイプ。

イコマエイカン系の傍流的扱いになる一族らしく、キレ味勝負に持ち込まずに戦える右回り平坦で、先行争いに巻き込まれる感じはない今回は、クラウンディバイダだけをマークして、自分から動くことに集中すればいいという気楽さもある。

人気落ちの一発に期待。

◎マイネルハニー

○トリコロールブルー

▲ロジチャリス

注エテルナミノル

△カレンラストショー、サクラアンプルール、ブレスジャーニー



指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R 【無料提供】
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018年9月17日 中山5R 【無料提供】
1着 ケンデューク  1番人気(指数1位)
2着 バカラクイーン 3番人気(指数4位)
3着 エタニティマリー  13番人気(指数5位)
 ⇒ 3連単 11万1,200円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方