2018年函館2歳ステークス レース展望

JUST競馬予想ブログ

函館2歳S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 


先週の新馬戦を快勝したジゴロが、名前からして?注目される存在になったのだが、まだ脚元が連闘に耐えれないということなのか、成長の方を優先したいという体からのサインが出てしまったため、ここは回避。

完成度が高いとしても、若駒を無理に使い込むわけにはいかない。

残念ではあるが、対抗評価で推挙しようと思っていた候補のうち、新馬戦の勝ち方というかそれを勝っているアスターペガサスをここでは本命にする。

ジャイアンツコーズウェイ産駒はストームキャットの直仔ながら、自身がタフすぎる芝のミドルディスタンスチャンピオンになったように、スピードを前面に押し出した自身と似た消耗戦向きの芝向きの馬を結構出している。

日本ではアメリカ型の先行力をフルに活かしたタイプは、基本的には早熟型ばかり。

同じ前に行く馬でも、どんどん距離を延ばして小回りなら1700くらいがむしろベストというようなドリームキラリみたいな馬は、まず成功例は少ないと言える。

新馬戦は2番手追走から直線独走となったアスターペガサス。

フォーティナイナーのきついクロスを同系配合でかけられた母馬に、比較的バランスのとれた主流系統の組み合わせであるジャイアンツコーズウェイとの配合なら、血統背景がやや似ているスタチューオブリバティ産駒でこのレース快勝のアクティブミノルのような勝ち方は十分に期待できる。

武器があった方がいい一方、今年はちょっと小粒なメンバーが多く、ライバルは限られる。

◎アスターペガサス

○カルリーノ

▲ラブミーファイン

注ラブミーリッキー

△スズカカナロア、ヒストリコ、ロードワンダー

例年の傾向通り、馬場は開幕の頃の状態ではないから、未勝利勝ちの馬でも間に合うだろう。

人気になりそうなナンヨーイザヨイに新馬で完敗後、しっかりと差して好タイムを継続して叩き出して勝ち上がりのカルリーノは、配合の渋いマツリダゴッホ産駒で、気楽な時こその藤岡佑介騎手なら、是非押さえたい。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方