2018年中京記念 レース展望

JUST競馬予想ブログ

中京記念 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


中京記念は荒れることを前提にしないといけないのだが、今週末も雨が降りそうな気配はない。

それなりに馬場状態はキープされ、夏に移設後よくみたどうにもとっつきにくい波乱の構図は、本質的にタフな今の中京競馬場のレイアウトからして、本当はそれほど期待すべきではないと思う。

これまではメンバーレベルの関係もあり、1分33秒台までは出せてもそれ以上はほぼ不可能な領域だったはずだが、今年はその例年の縛りは解かなければならない。

とはいえ、いつもよりはまあまあいいメンバーだから、あまり気にしないでもいいようで、各馬の時計の限界のようなものはある。

スプリント戦ではそれが顕著に表れる結果は出やすいが、マイル以上の距離では体調も影響したりするので、それほどアテになるような情報が掴めていないケースも多い。

一応今年は、関屋記念のようなイメージで、斤量の経験だとか、近走の内容なども見て、おおまかに分類が可能な組み合わせと考え、マイルなら力勝負という前提で、実績馬から狙っていこうと考える。

そこで俎上にのせたのが6歳の実力馬2頭。

重賞を勝ったからと言って、ウインガニオンとブラックムーンの57.5には、どうにも中身の差がある感じもしないではない。

前走の安田記念は着差以上に、58での走破タイムの差で、ウインガニオンはブラックムーンを圧倒。

持ち時計に差はないが、今年57でGⅢを勝ち、同斤量で1:31.9の好時計勝ちを決めた昨年のブラックムーンでも、重賞レベルで時計を縮めた経験はない。

脚質の面でも、本質的な格では、現状はウインガニオンが上だろう。

猛ラップとまではいかないまでも、半マイル45秒台中盤から1:32.0で駆け抜けたウインガニオンには、そこから斤量減のアドヴァンテージもあり、この比較ではウインガニオン。

同期にもう一頭、重賞はなかなか勝てないまでも、何となく中京のマイルがベストでは…、と思わせるキレ馬グレーターロンドンも登場した。

京王杯スプリングCは流れにうまく乗れずも、勝ち馬とほぼ同タイムの4着にまで突っ込んできている。

そこにはウインガニオンがいて、それと0.2秒差だったが、こちらは休み明けでいつもより行けない中で、極めてハイレベルな展開に対応できている。

得てして、この手の春の激走組は消えやすいものだが、スピード決着必至の状況で、とてもいい形で上昇軌道に入ったような超重賞級の上がり馬はいない。

無論、例年通りくらいの決着になれば、いつものようにゴール前一変の展開も想定されるわけだが、実力のある馬が大きく消耗しないまでも、確かなステップを踏んでここに挑んでいる以上、軽視はしづらい。

◎ウインガニオン

○グレーターロンドン

▲ロジクライ

△フロンティア、リライアブルエース、ロワアブソリュー、ワントゥワン

フレッシュな組と期待の5歳以下の台頭は望みつつ、極めてレベルの高い京王杯SCでその時生まれたレコードタイムと大差なく走った2頭のうち、夏への適性、斤量の対応力と馬のリズムを知り尽くした津村騎手がしっかりと騎乗してきた点まで考慮したら、激しくつつくような馬もいなければ、自分のリズムを崩すほどの先行馬は見当たらないので、しっかりとキャリアを積んでスキルアップも明白な今、連覇は濃厚と考える。

妙味は差し馬だが、それと同等の先行力があるロジクライが、グレーターロンドンの追撃をどう受けるかは注目。

本質的には、この馬が軸でいい組み合わせだが、暑さとキャリアを見たら、絶対視するのは少し勇気がいるので、次点評価。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方