2015東京新聞杯予想

JUST競馬予想ブログ

東京新聞杯 -予想-

読了までの目安時間:約 2分

 


日曜日の雨予報が一体どうなるか。
雪で押しつぶされた芝が、重発表にも拘らず、数年前までの開幕初日のような高速決着を演出した昨年のこともあるから、GⅢクラスではこういうことは結構重要なファクターにもなりかねない。
ただ、余計なことを考えてもラチが開かないから、スロー必至も総合力勝負で戦えそうな若手から狙おうと思い、ここはノリノリのキングカメハメハ産駒の勢いに乗じて4歳世代の不活性ガス・タガノグランパの鬱憤が晴らされるシーンを先物買いしたい。

この馬を推す論拠にすべき材料は、マイルや1400重賞での好成績ではなく、出走全距離における成績の根拠だと考える。
成績表をよくに見てみると、ラジオNIKKEI杯、皐月賞、マイルCSの3戦だけが、勝負にならなかった印象。
それぞれ、重賞とGⅠ、古馬混合戦に初挑戦の舞台が、日本の根幹をなすレースだったのだから仕方ない。おまけに、全てが前走と3F以上の距離差が生じるレース選択。
重賞級という目論見と、使えるレースとの間に乖離があっただけのことだ。

ダービーと菊花賞はともに4着。秋は3戦とも高速決着だったから、3か月弱のレース間隔で、今度がマイル戦ならば、むしろ人気面での妙味が出れば、一番買いたくなる馬であろう。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方