2018年エルムS レース展望

JUST競馬予想ブログ

エルムS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

 

トーセンブライト×ゼンノロブロイという配合は、重賞で買うにはちょっと勇気がいるが、ハイランドピークのスケール感は、GⅢ級に止まらないと感じる。

昨年の優勝馬のロンドンタウンは、すぐに韓国で結果を出した。

その前はローマンレジェンド。GⅠ連対馬を抑えて、見事に2勝している。

そのレベルにあるのではないかとも思わせたのが、アンジュデジールで調整目的のような参戦となる横山典弘が駆った中山での2戦。

先行型を流れに乗せるだけではなく、勝つために必要な追手の脚をなくすような絶妙なペースを作ることにかけては、先週もやってくれた武豊騎手と比肩、その手段を選択する頻度では、むしろ横山騎手の方が多いので、いつものように覚醒させるように施したそれは成功。

後続勢を絶望させるように、上がり最速の逃げ切りであった。

その後、マーチSではうまく運ぶことができず、それでも上がりだけは最速で重賞を経験。

以後、福永騎手のじんわり進出での準オープン勝ちは初の関西遠征でのもので、次が和生騎手で正攻法の競馬のマリーンCが後に大成する可能性のあるユラノトの2着という内容。

横山和生騎手は、本来お手馬のハイランドピークを父に奪われたというより、陣営が能力の判定に必要な要素を整えた中で、次の展望を見据えたスイッチが行われただけで、継続騎乗は狙い通りの可能性がある。

上手に走れることは分かっている彼が、下げて勝負はしないだろうし、モンドクラッセやドリームキラリがいるなら、無理に先行することもない。

もう、普通に乗っても、十分通用するはずだ。

◎ハイランドピーク

○ミツバ

▲ノーブルサターン

△アンジュデジール、ブラゾンドゥリス、モルトベーネ、ロンドンタウン

似たように本格化気配のミツバに、ムラっ気がかえってそそられる面を生んでいるカジノドライヴ産駒のノーブルサターンなど、小回り専門の馬があまり多くない組み合わせで、底力のありそうな馬を優先的に押さえてみたい。

 

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方