2018年神戸新聞杯 レース展望

JUST競馬予想ブログ

神戸新聞杯 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


ダブルシャープが回避して、結局、10頭立てのレースになった。

当然である。

アグネスフライトとエアシャカールが再戦した、菊花賞最終トライアルとして最初の神戸新聞杯に00年以来、そんなことはなかったのだから。

皐月賞馬とダービー馬がその前に直接対決したのは…。

そもそも、二冠馬が誕生するとそれはなくなるわけで、皐月・ダービーの勝ち分けというのは、思われているよりレベルが高くない年に発生する現象であり、そういうときほど、使い分けになる傾向にある。

 
今は、活躍馬の多くはノーザンファームの生産馬だ。

図らずも…、などということはない。

今回は日高の馬と社台の馬。今後もこういうケースは少ない。

ちなみに、前例のサンデー対決は、社台ファーム産の両雄が登場し、外国産馬のフサイチソニックに楽勝されるという、以後の展開を暗示するかのような結果に終わっている。

 
ダービー馬が圧倒的に強いのは、今も昔も、言い換えれば、京都新聞杯時代とさして変化はない。

皐月賞馬も強く、どちらも好走しているような馬であれば、人気のある方が強い。

ダービーを勝っていて、皐月賞でも先着していたのに逆転されたというのは、ローズキングダムとエイシンフラッシュで決まった10年だけ。

3着馬はビッグウィーク。最近、再びトレンドになりつつあるトライアル3着からの菊戴冠であった。

これと前後して、このタイプ最近では4頭誕生している。

 
3着は誰か。

いや、春の両雄が登場した時点で、逆転の秋をトライアルで体現していないと、苦しいのである。

4例のうち、NHKマイルCの変則も含め、二冠馬は2頭連対し、ダービー馬も崩れなかった。

2頭登場したら、菊でも全体の流れは決まってくる。

自分自身がクラシックホースであり、GⅠ馬になれる可能性を示さない限り、トーホウジャッカルのような直線の不利が敗因になったというような悲運でもなければ、立場が変わることは、2400Mではないはずだ。

 
◎ワグネリアン

○ゴーフォザサミット

▲エポカドーロ

注メイショウテッコン

△エタリオウ
 
二重の悲運に、やや感傷的になりつつ、それでも流れが多少なりとも悪くなっている気もしないではないワグネリアンが、阪神外回りで完敗するようでは、それこそ、もう救いようがない。

どこを目指していこうとも、自慢の脚力で決め打ちをしないでも勝負出来た経験値が、今回こそ問われて、それがフルに活かせるはずだ。

 
エポカドーロが行く気を見せるはずだが、ジェネラーレウーノの侮れない勝ちっぷりがある。

メイショウテッコンやダートなら行けるからここでもファイトする可能性のあるハーベストムーンなど、抑えない方が味が出るタイプも多く、多少の渋馬場でダービーの結果が変化するとも思えず、諸々、経験値で魅力が増えたゴーフォザサミットなど、東京での内容ある結果をここでは重視しておきたい。

言わずもがな、穴はメイショウテッコン。また下げることはあり得るが、それは本番で行くと言っているようなもの。

少なくとも、エポカドーロが簡単に走れる展開を作ってしまっては、立場がない。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方