2015共同通信杯予想

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

共同通信杯 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

少し堅めの決着が多い今年の重賞競走において、今週もまた断然人気馬と対峙することになった。
今回は、取り損はあっても、信念に基づいて買い目を考えてみた。
時系列順に、ロカ、ハープスター、ドゥラメンテという、人気どうこうではなく、レース展開に少なからず影響を与えそうな馬が登場する流れで、何を最も重要視すべきかといえば、それは共通項ではないかと思うのだ。
ピカピカのおべべを産まれた直後から、たいそう丁寧に着させられて、いずれはあんな風に…、などと自分たちが手掛けた彼らの血の中に入っているとてもとても大切な目標とすべき宝物を、もしかすると超えられるかもしれないと期待させるだけのパフォーマンスが、もうすでに披露されているボンボンたち・・・。

いや、これでは単なる嫌味だが、結果を出せそうなときに、そんなやっかみを馬券検討に反映しても不毛である。
筆者なりの考察だが、かつて雑草と言われたスターホースは、そんなに凡庸な血脈ではないことが多い。
オグリキャップ、ミホノブルボン、メイショウサムソンなどは、実を言えば、優秀な在来牝系の分流というだけで、近親には3歳のタイトル争いに注目馬として参戦している馬がいる。決して、ぽっと出などではない。

血統への先入観は捨てて。
だから、ロカの東京替わりと、ハープスターの京都戦への不安に関しては、むしろ前走が勝ち馬の強すぎるレース、それもGⅠ競走だったことを考慮して、黙って買うことにした。でも、中一週のドゥラメンテはちょっと違う。
母はアドマイヤグルーヴは、秋の天皇賞3着後にエリザベス女王杯連覇を達成して、祖母にあたるエアグルーヴは、叩き台に使ったその女王杯3着後、中1週のJCで2年連続の2着好走を果たした。
でも、3歳時に関しては、あまりいい結果には繋がらなかった苦戦の印象は強い。2歳時は、当然重賞は勝てていない。

新馬で負けた馬が、後にGⅠをあっさり勝ってしまうのは当たり前のことだが、獲れそうな眼前のGⅢを取りこぼすことも同時に多い。
彼の中に潜む狂気の血脈が大敗を招く原因になるかは不明でも、この時季に1分47秒を切る時計で走った後の初重賞では、若駒の危ういバランスの部分にマイナスの影響は与えるだろう。本命では怖すぎる。

丁度いい塩梅に、1800のオープンクラスで結果を出している馬が、前走重賞で1番人気になっていた。
狙いたいのは、ダノンメジャーからアヴニールマルシェへの連勝馬券。
文句なしで例年並みのクラシック級が勝ったレースの軸馬。少し気持ちが落ち込んでそうな馬が多いので、強い馬と当たった馬の強みを活かせるのではないだろうか。
それが東京1800の重賞の本質。ドゥラメンテに未来はあるが、ここで主役になる必要はない。
勿論、負けてほしいという意味ではない。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方