2015チューリップ賞予想

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

チューリップ賞 -予想-

読了までの目安時間:約 2分

 

翌日行われる弥生賞と同じように「2歳女王」以外の中で、きっちりここで見せ場を作って、本番への足掛かりにしたいという「最有力候補」の殆んどが集った競馬となった。
これなら、ほぼ間違いなく…、とはいかないのが今年。ある意味で、本番と思った方がいい。

陣営も自信満々のようだが、才能だけなら文句なしでクルミナルだろう。新馬も楽勝だったが、昇級緒戦のエルフィンSでは、鞍上が直線で外におもむろに出して、大して追うこともなく簡単に後続を突き放してみせた。
本番では向かうところ敵なしのディープ産駒。前走の上がり3F33.5秒は、力を出し切ってというよりは、スケール感を示した内容にも思える。
簡単に出せる数字ではないが、それを繰り出せる場面もあまり多くない。ゆっくり反応させてあげられるよう、じっくり構えて直線勝負に賭けたい血筋だ。

ウオッカ以外にエルフィンSの覇者がなかなか勝てていない状況は、厳然たる事実ではあるが、レッドディザイアやマルセリーナは桜花賞に直行しただけのこと。
強い馬がいっぱいいる時こそ、母系を構成する南米血統が威力を発揮するはずだ。
ロカの可能性も信じつつ対抗に。JF組は、底力はココロノアイの方が上と見るが、年明け出世組の方を買いたい。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方