2015 スプリングS予想

JUST競馬予想ブログ

スプリングS -3歳重賞・予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


3戦3勝への期待高まるリアルスティールを、今回推すべきか否か。ディープ産駒にとって、中山の重賞が鬼門であることを前提としてだ。

少なくとも、他の馬には死角は多い。
GⅠ馬にして同父のダノンプラチナは、阪神でのハイパフォーマンスで世代屈指の能力を示しているが、それはあくまでも阪神だから、休み明けの中山で歴代の2歳王者が、結構安定して走っているこの競馬は、今までのイメージ通りにはいかないと簡単に考えても思う。
今回は、能力のみを買って対抗。

ベルーフはステイゴールドの甥っ子。適性は既に証明されている上、人気を被るわけでもないから筋の悪い候補ではないのだが、如何せんハービンジャーとサッカーボーイ一族の血がネック。
このレースの10分前に、不滅の大記録・阪神大賞典での3連覇を懸けたゴールドシップの走りを見ることになるのだが、それよりも心配なのが、年が明けてから、あれだけ勝っていたはずのハービンジャー産駒が未だ2勝目を挙げていない点。
強いステイヤー型は散見されるが、ベルーフが京成杯を快勝しても、もう一方の期待馬・トーセンバジルは、重賞馬相手に全く勝負にならなかった。
確実性のある馬がそれなりにいる時に、中山で後追いで狙うのも恐々しい。

で、残りのメンバーも、ここがベストという印象は受けないし、押さえならいけそうなキタサンブラックやミュゼスルタン、クラシック出走に首の皮一枚残したフォワードカフェも含め、このレースの格に相応しいかと言われれば?である。
消去法の結果…。今回は楽勝でなくても、中山の経験を陣営は重要視しているから、変に福永騎手が勝ちを狙う乗り方はしてこないように思う。
だから、気楽に勝負できる強みがあるからこそ、ディープ産駒らしい素軽い動きがフルに活きると考える。
馬場の重さへの懸念は、ここが本番ではないことも含め、祖母がキングマンボの全妹だし、キレ味を殺がれても、不安は少ないとみる。
500kg前後の馬体の持ち主だし、大崩れはないはずだ。

フラワーCは、路線内の長期展望をする上での判断材料となりやすいレース傾向にある。
かなりハイレベルなのは牝馬路線も同じ。今年の場合に関しては、目先の賞金加算が重要なテーマという馬ばかりのも映ることも考慮して、敢えて、一度路線から脱落したティーエスクライを推そうと思う。
紛れの多いコースで、比較的中距離適性だけは漏れなく問われるが、プラスアルファが能力面以外であるとすれば、牝馬の常道である桜花賞への展望を考えたローテから、父ハーツクライの名に相応しい本質的な適距離への転戦は歓迎要素。もしかすると、十分に間に合う候補ともなり得る。
相手も同父のディアマイダーリン。オークスを見据えたローテだが、あっさりがあるならこの馬だろう。

若葉Sは、素直にポルトドートウィユから。やっぱり、この時季にきたらパロクサイド系の晩成傾向には囚われるべきではない。
ファルコンSにしても、新馬快勝後にクラシック候補に2連敗後に、当レースと同コースで2勝目を挙げたフミノムーンから。私見ながら、ここでは一枚上に思う。
贔屓目に関東馬を見てきたが、今はちょっと関西馬も頑張らないと状態。
それにきっと応えてくれるだろう4頭を、今週は応援したい。



指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R 【無料提供】
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018年9月17日 中山5R 【無料提供】
1着 ケンデューク  1番人気(指数1位)
2着 バカラクイーン 3番人気(指数4位)
3着 エタニティマリー  13番人気(指数5位)
 ⇒ 3連単 11万1,200円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方