2015 天皇賞(春)展望

JUST競馬予想ブログ

スタミナ馬の関門<天皇賞(春)展望①>

読了までの目安時間:約 2分

 

阪神大賞典と日経賞は速い馬じゃ勝てない。
今も昔もそれは変わらない。6歳SG兄弟の明暗も、去年と同じだった。

春の天皇賞への直結度は、グレード制導入後の勝ち馬の前走を見れば一目瞭然。
87年から春開催になった阪神大賞典が、一番新しい前哨戦なのだが、このレースがやはり時代の要請に則したレースであるためか、
88・89・<91ー92>・97~00・06・08・12(11)
と最多勝。90年代の必勝ローテだ。
一方の日経賞も、
84・85・87・<93・95>・02・09・<13・14>(9)
以下中山記念は、
86・96(2)
産経大阪杯
90・01・03・07・11(5)
京都記念
94・10(2)
その他
04・05(2)
時代に合わせたローテの変動性があるのが近代競馬の常識なのだが、スピード化の進行した最近の傾向は反映されず、本質的な適性のみが問われる。

特殊であることもそうだが、4着以下の馬が複数本番で巻き返しているのは、この東西の前哨戦のみ。
<>の馬は、言うまでもなく春の天皇賞を2勝している馬が勝った年。それも阪神大賞典と日経賞の組しかしかない。

これに血統のファクターを加え、勝ち馬の父を書き連ねると、
阪神
シービークロス
ミルジョージ
メジロティターン
ブライアンズタイム
メジロライアン
サンデーサイレンス2回
オペラハウス
フレンチデピュティ
ミスキャスト

日経
シーホーク
パーソロン
シンザン
リアルシャダイ
サンデーサイレンス
チーフベアハート
ステイゴールド

このバラバラさが荒れる理由にもなるが、最も合理的な配合馬のみに、盾の栄誉を浴する資格があるとも言える。
日経賞組が有利だろう。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方