2015産経大阪杯予想

JUST競馬予想ブログ

産経大阪杯 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


人気のディープよりも前で競馬することが予測されたイスラボニータがレースを回避し、ロゴタイプに今度こそ巡ってきた復活の機会をどう活かすものかについて、しっかりと考慮して然るべき状況なのだが、キズナは叩かれて動きもよくなったようだし、スピルバーグの右回り適性は?という部分も、格から言ってまるで問題となる不安要素ではない。

思い起こすと、スピルバーグが古馬になって本格化してからは、東京以外でまともに使ったことがないから、適性不明でも欠点になるとも考えにくい。
脚質的にも、このコースはロングスパートが利くから、小差しを決めるにはもってこい。
だから、悩み続けた穴馬探りは、途中で放棄することにした。
一応、現状の力があれば、今後の展望を含めてもディープ2頭を軽視する理由は見当たらない。

滑り出し好調とはなかなかいかないのが、藤沢厩舎の休み明けだが、底力の求められる得意距離であれば、1800、2400と見せ場こそ作れど、あくまでも脇役の一頭に過ぎなかった秋の東京でのパフォーマンスから、スピルバークに一日の長があると考える。

そのひとつが、休み明け好走→一叩き一変→反動という見立て。こう考えると、レベルの高いレース全てで好走はしているものの、初斤量の58で秋の天皇賞で上がり33.7秒は、それ以前に何度となく記録した同等の末脚とは、明らかに意味合いが異なる、まさに異次元の武器を炸裂させたとも考えられる。
一般論だが、基本的には格が上がるに連れ、その持ちうる才覚はより限界値に近いものを求められ、それを最も発揮した者が大きなタイトルを獲るというのが常識である。

彼が出走したダービーなどは、その際たるの例だ。スピルバークの同期は、自身が14着の時、5着以内に入線した馬のうち3頭までは、即故障の上、1、3着馬は引退の道を選択せざるを得なくなった。
負けたからこそ今がある。
そこには、わずかに届かず涙したフェノーメノも勿論ゴールドシップもいて、スピルバーグの傍にはジャスタウェイまでいた。
その後、僅か7戦しかせず、初重賞タイトルが、名立たるGⅠ競走の中でも最高峰とされる天皇賞となった。
自己最高体重から一叩きされ-2kgで、ジャスタウェイもその前年に制し、2年連続でこれも同期のジェンティルドンナは2着。

2000Mで負けたのは、右回りの2戦と<一つは重馬場>、フェノーメノに2戦目で負けた東京だけ。
キズナには大目標もあるが、勝ったレースの意味を冷静に判断すれば、スピルバーグに負けることが許されないほど、持っている箔が別格ということは言えない。

距離適性では、少なくともキズナより上。
まともに使われてきた中での休み明けが皆無の馬だけに、順調に相応の調教を重ね、勿論が力ついているからこその今後の展望がある以上、抜かりのない仕上げが想像される。
もしも…、雨はもう敵ではないだろうが、また出が甘くてダメな場合も想定される。ただ、前記ロゴタイプが先行勢を負かしにかかれば、必ず見せ場を作れる展開にはなるはずだ。

ちなみに、古馬になって2戦目の東京で、2番手から楽に抜け出している彼には、まだまだ上手に競馬できる可能性が残っている。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方