2015 クラシック展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

牡馬クラシック展望②

読了までの目安時間:約 2分

 

シャイニングレイの皐月賞回避が決まり、展開上のキーマンの喪失で、自ずと違う先行争いが想定される。
スピリッツミノルにそこまでのスピード能力は感じられないから、彼がスタミナ自慢を誇らしげに見せつける展開になれば、他馬がいかに消極的だったかがよくわかる凡戦が予期できて、ダービー展望も見えにくくなる。

平均ペースより上がらない展開を予感させるのは、ここに来てレース巧者の台頭が目立つということ。
キタサンブラックや皐月賞回避のレッドソロモン、ダノンリバティの末脚を封じたミュゼエイリアンに、注目候補のリアルスティール…。
年明けまでは、シャイニングレイやサトノクラウンのように、巧みさの中に底知れぬものを妄想させる破壊的な何かを秘めた才能が目立っていたが、今はきっちり調整され、予定通りに仕上げられた馬が、人気以上の高水準な走りで力を見せている。
それのせいか、ブライトエンブレム、ベルラップ等は影にかすんでしまった。

一方、能力が高く評価されているドゥラメンテは、この皐月賞への参戦により、賞金加算及びダービー優先出走権の奪取も要求されることになった。
関東馬は相変わらず元気で、山吹賞からはダービーハンター的存在の藤沢流ローテからレッドライジェルという強烈な決め手を武器にするキズナ型の馬が登場。予定通り青葉賞出走となれば、権利獲りも見えてきている状況だ。
ダービーへの余力を逆算すると、プリンシパルS勝利にしか活路を見出せない皐月賞組にとって、これは思われるより遥かに厳しい競馬となる。

ただ、2月の時点で下降線に入っていた馬が、春になって尚底を見ない不調であるなら、もはやクラシックなどに縁はなかったというだけのこと。
この不器用な男のレースぶりが、レースの鍵を握っている。

 

コラム レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方