2015 フローラS予想

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

フローラS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

軸にしたい馬は相応に絞られることの多いレースだが、例によって、この時季の牝馬限定戦だから裏切られることも同様に多い。

結局のところ、迷った挙句に…、のパターンで外すことが慣例の競馬となっている。

それもこれも、レース設定がオークスという特殊な条件に向けたトライアルであるがために、フルゲート<今年は17頭止まり>で窮屈な競馬を強いられる厳しい展開が普通の2000M戦というこれまたややこしい設定に加え、何よりほとんどの馬が重賞経験に乏しい中でGⅠへ向けた激烈な争いを、一番難しい折り合いを気遣って各騎手が思惑を色々と巡られてすることになるので、当たり前の如く荒れやすいのだ。

ただし、ペースが上がればどうってことはないことは、歴史が証明している。

過去10年で見ても、2分2秒以内で決着したレースは、ヤマトマリオン<10番人気>以外は、総じて人気の中心となっていた馬が勝っている。

昨年は4番人気のサングレアルがレースレコードで勝っているが、キャリア2戦の馬で、かつ牡馬の強豪も集う福寿草特別に出ていた馬。ヤマトマリオン同様、評価されるようなレースをこれまでしてこれなかっただけなのだ。

そういう意味では、奇を衒った狙いは的外れになりかねないということである。

ディアマイダーリンとシングウィズジョイの評価は据え置きのまま、波乱のオークスとなれば…、の可能性に期待を匂わせるフロレットアレーから入りたい。

母は、当時のレースレコード決着の際に2番人気3着だったブルーミングアレー。

オークス以降は格の違いを見せて条件戦を3勝したが、オープンクラスに上がったと同時に、勝負運を使い果たし、早くに繁殖の道に進んだ。

弟には一つ下にトーセンラー、また次の弟がスピルバーグと最近出番をモノにしている勢いのある一族というのは頼もしい。

2000Mなら。ディープの血を入れられ、かつ母がフレッシュな状態で牧場に帰った経緯を見て行けば、この初仔の活力は間違いなく重賞級のものを秘めていると思えてくる。

前走のミモザ賞は、今回も戦うことになるリアンドジュエリーに鮮やかすぎる決め手を繰り出されたことが敗因。

先週のように、何故か器用でない馬が直線の短いコースだとハマることはよくある。

母父シンボリクリスエスのような春先のモタモタ感がまだ残る馬だけに心配は尽きないが、正攻法で戦えるようになったのが、未勝利勝ちの要因。

母に似て、キレ味勝負では分が悪いようにも映るが、この開催の前半はほとんどが上がりが速くならない。

小柄な馬だから無理はしないだろうが、田辺騎手が乗るなら先行策まで期待できる。相手にはこだわらず、単複中心の小規模投資でいきたい。

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方