2015安田記念展望

JUST競馬予想ブログ

安田記念展望

読了までの目安時間:約 2分

 

ナイトオブサンダーが父ドバウィで多少の期待感はあるが、2000ギニー以降は勝ちあぐねていて、出てきたところで…、だろう。

週末の京王杯SCには、一昨年の覇者ダイワマッジョーレを筆頭に、路線のキーホースにして重賞を含め3連勝中のヴァンセンヌや「物差し馬」クラリティシチーらが参戦する予定。
レースのレベルは、昨年GⅠ勝ち直後のコパノリチャードなどが出ていたのと比べてしまうと、ちょっと物足りなさを感じてしまうが、今年の方が上昇力は上だろう。
ヴィクトリアマイル組も、もちろん一番メンバーが揃ったマイラーズC組の上位入線馬やそこに出ていたディープ産駒、また回避したとはいえ、今年は阪急杯でまずまず見せ場を作っていたダノンシャークなど、一発がありそうな馬はそこここにいるにはいる。ただ…。

あんなものを見せられてしまっては…。
なかなかいい結果が出せずに今どん底の戸崎騎手が騎乗するだろう「関東馬」モーリスは、あまりに強烈な存在感を放っている。
祖父はエアジハードの強襲に屈し、わずかなところで断然人気には応えられなかったグラスワンダー。
数々のドラマを作った競走馬時代の印象が強いせいか、永遠に引き出しに使われるその名を、今後は祖父の無念を晴らしたモーリスとできるかどうか。

ダービー卿CTの前後半ラップは、46.7-45.5秒。
見た目は完全な後傾ラップで、現に上位4頭全てが中山では珍しく33秒台の上がりを使っているが、単純にみんな調子が良くて、かつモーリスが繰り出した33.0秒の激烈な末脚に能力を引き出された格好となったのではないだろうか。
そうなると…。京王杯「2歳S」での撃沈から1年半。今度はマイルの舞台で、戦慄の豪脚を披露するのか、または。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方