2015牝馬クラシック展望

JUST競馬予想ブログ

牝馬クラシック展望④

読了までの目安時間:約 2分

 

この時期の3歳牝馬には貴重な2000Mでの競馬となるフローラSが、何とも言えないまあまあといった趣きの結果だっただけに、不安感は拭いきれず。
ただ、フラワーC勝ちのアルビアーノはNHKマイルCの2着馬。そこでその他大勢となった組が、実はローデッド<FC5着>以外、アースライズ、ディアマイダーリン、ノットフォーマル、ロッカフラベイビーらは、その後の主要競走も健闘しているのだ。
クイーンC組もそう。アンドリエッテ、ミッキークイーンは、オークス出走に間に合う賞金までは稼げた。

この両方を使われたロッカフラベイビーは出走微妙な状況だが、QC後を凡走していたシングウィズジョイは、今や切るに切れない存在である。
昨冬まで繋がりを見つけられなかった路線の関係性は、今完全に整理されている。

そことは外れたところにいたルージュバックやクイーンズリングは、桜花賞で上位人気に推されながら期待には応えられなかった。
チューリップ賞は桜花賞とリンクする時代の前は、このオークスとより深い関係にあった。
桜花賞そのものがオークスとリンクする時代に、その3レースとも好走する馬が出て来るのは、至極当然の話。ましてや、関西馬が強い時代である。
当然の結果に終わった桜花賞は、波乱の類とは違う何かをもたらした。

謎を解く鍵の一つに、3連勝馬が全て桜花賞で敗れている。平均的レベルに終わったものの、フローラSは人気馬の上位独占。
それらで差しが決まらなかった点を注目すべきであろう。スイートピーS組も先行して粘った方しか出てこない。

近10年で4角5番手以内から押し切った馬は、カワカミプリンセスの1頭のみ。
桜花賞前に立ち返ることで、解れた糸は簡単に元通りになると考えられなくもない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方