2015牡馬クラシック展望

JUST競馬予想ブログ

牡馬クラシック展望④

読了までの目安時間:約 2分

 

菊花賞の展望というと流石に馬鹿げてくる部分は否めないが、ダービー後を展望すると、秋は古馬といきなりぶつかる馬も数頭出て来ることは間違いない。

ドゥラメンテは…、の枕詞で始まるダービー展望。
ゴールドシップが知能的悪才の持ち主だとすれば、こちらは動物的感性が鋭敏すぎる天才型だろう。
ダービーへの不安は、即ち思うように競馬できるかどうかを事前には図りかねる不安だとも言える。
3歳馬同士の戦いで2400Mの距離そのものが敗因となるガス欠の図は、あの皐月賞からは想像できないが…。

上手さでなら、僚馬のサトノクラウンやリアルスティール、ずっと好走し続ける影なる存在のキタサンブラックなど手駒は揃った印象だが、他との比較で個体の能力差を見せつけるだけの何かを持っているわけではない。
ならば、ダービー一本組の方なのだが…。
最終便となるレースを好走した中2週組の中で、既に2頭は回避を明言。
時に大物を送り込むフローラS的位置付けもある京都のGⅡを制したサトノラーゼンは、本当に東京2400Mで爆発的な末脚を繰り出せるか疑問。

消去法で、もう他路線組はレーヴミストラルだけになる。
末脚勝負が身上の馬が、うじゃうじゃいるディープ産駒とどこまでやれるかは不透明でも、掲示板には載ってくるだろうし、兄よりはしなやかな印象がある。

ドゥラメンテが衆目の一致する二冠候補である以上、相手探しは手広くがセオリーだ。
超大穴なら、ディープならずともキングカメハメハにも深い因縁を持つハーツクライの産駒・ベルラップか。
母父シンボリクリスエスの念押しで、その無念の涙顔から送られる秋波には、同性をもってしてもコロッとやられてしまいそうだ。
また少頭数だといいのだが、26頭登録では望み薄か…。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方