2014スプリンターズS展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

スプリンターズS展望

読了までの目安時間:約 2分

 

ローブティサージュの復調。セイコーライコウの初重賞制覇。

週末のセントウルSにはハクサンムーンが出て来る。また出遅れなければいいのだが…。連勝中のマヤノリュウジンもいる。

 

混戦であることは間違いない。

夏の短距離重賞は総じて低調だった。人気面も取捨の材料にはなるが、タレント不足の感は否めない。

加えて、春の目標レースがことごとく不良馬場で行われた影響は大きく、そこでの好走馬は大分苦戦を強いられている。下位入線組の巻き返しは、例年より多いくらいだからレースレベルは問題ない。

従って、高松宮記念好走馬の巻き返しは十分にあり得る。ただ、前哨戦からの消耗だけは避けたい。

 

新潟開催。前例に則って考察すると、やはり実力のある馬が自分の競馬が出来れば、中山より走りやすいので力は発揮しやすいと読める。先入観に気をつけて、レースレベルにばかり囚われないようにしたい。

 

セントウルSの勝ち馬が直後のスプリンターズSを制したのは1度だけ。前哨戦レコード勝ち後、返す刀で新潟での3強対決を制したビリーヴだ。

今年はセントウルSに平坦向きの馬が多く出ているから、昨年の2、3着馬も含め、軸馬候補はここにいそうだ。

 

戦前の今敢えて名前を挙げるならば、期待値込みでツルマルレオンか。

セントウルSでの好走が絶対条件ではあるが、1年ぶりの北九州記念の上がり3Fだけ見ると、1位の3着馬カイシュウコロンボとわずかの差で2番目の33.8秒を記録している。チャンピオンホースを送り込んだ3代以内の種牡馬の名を見ると、そこからスピードのみを抽出されているなら、その底力は誰よりも優っている。

 

コラム レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方