2015古馬チャンピオン路線

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

古馬チャンピオン路線展望・まとめ

読了までの目安時間:約 3分

 

キズナもエピファネイアも両方出てこない宝塚記念は正直面白くない。
勝とうが負けようが存在感だけは示せる人気馬が、宝塚記念のような救済レース的立ち位置の競馬に参戦できないのでは、本質的な意味でも盛り上がりを欠く最大要因となりかねない。
でも、仕方ない。

ゴールドシップはずっと苛立っているではないか。
走る気が失せたAJCCと、デニムアンドルビーに相当追い詰められた阪神大賞典。
ヤス&ノリの思いやりに不満を募らせるところはなかったのだろうが、同時に、自分主導でレースを進めることに自身が少し不安を感じていたようにも思う。
ゲート入りの不良行為もその一環だ。
自己主張はして、でも比較的騎手の指示には従いつつ、終始反応の鈍さをみせながら力で押し切った天皇賞。
自分から動いたら、前二年のような負け方をすると、馬はわかっていた可能性さえある。故に、宝塚で容易に期待に応えられる状況とも思えない。

元来、三連覇など中距離以下の芝のGⅠでは不可能だ。
回避したヴァンセンヌにだって、十分チャンスはあった。
来週の登録馬の近走を見る限り、L、N、Oの頭文字を持つGⅠ馬の取捨がポイントだ。キレない馬の正攻法が合うレースである。
時計に限界のあるトーセンスターダムも、遠征効果を期待できる。馬場もほどほどに荒れてきた。皆、秋天向きではない。

宝塚回避組も、一応見どころはあった。
フェイムゲームやトゥザワールドの激走。
詳報はまだだが、スピルバーグの王室競馬参戦は自分の競馬をして6着だったとのこと。
古馬同士の戦いの中で、己の目覚めを実感した者の挑戦記は、勝利以上の価値を見出した。

そうすると、5歳の両巨頭についても思うところがある。
僕たちは、少し無理をしてしまいました…。高いポテンシャルをクラシックまでに吐き出してしまったということだろう。
4歳勢にも言えるのだが、3歳馬の方がよっぽど丈夫で打たれ強い。
負け方がポイントの春競馬、と思う。

 

コラム レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方