2015函館スプリントS予想

JUST競馬予想ブログ

函館スプリントS -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

今年は最近2年のような波乱はないと思うのだが。
よくわからないけど、人気薄の馬が突如として快走するのは、そのほとんどが、人気馬の体調不安と小回り独特の不利が生じた場合。

ロードカナロアが負けた時は、その前の方のパターンとGⅠで連勝がストップしたショックから立ち直れていなかったこともあるだろう。
本質同型でダート寄りの性質も秘めた血統の共通点のあったドリームバレンチノに、まんまとしてやられてしまった。
お互い、この対戦を経て大舞台への足掛かりとした。

昨年はちょっと特殊で、洋芝適性のある特に実績というか、近走での成績が良かったものが全部消えて、人気のない方から順に、遠い昔の好走実績に比例する結果が出た。
洋芝巧者が、洋芝巧者の足を掬った競馬。
内の方で閉じ込められていた馬たちは、逃げて結果失速したフォーエバーマークに、進路をカットされてしまった。
何だか、とてもドロドロした結末になってしまったが、重賞で強い勝ち方をした馬が3頭来たという面で言えば、とても合理的な台頭であり、破綻が生じたりしたわけではない。

その他は、レースレベル相応の結果で、のちにGⅠを制するカレンチャンなどは、ロードカナロアと同様、気勢を上げる意味でいいステップを踏めたと言える。

アンバルブライベンとコパノリチャードは、案外人気になった時には怖いタイプなのだろうけど、決して単純な理由で、それこそ自滅という形で不発に終わるようなパンチ不足の先行型ではない。
一応、この2頭だけではなく、有力と目される実績上位馬は全く乗り替わっていない状況でここに挑んできたので、少なくとも、大波乱となるような要素は見当たらない。
安心して見られるというほど、抜けた能力を持った馬も、勢い凄まじい上がり馬がいるわけではないけれど、最近然るべきペースで、平穏な決着が続く重賞の傾向にここも大人しく従おうと思う。

手は限られるよりは多い方が有利だろうという浅はかな読みではあるが、隠れた洋芝適性に魅力を感じるコパノリチャードに、GⅠの借りを返してもらいたい。
きっと、先行馬が伸びきれないということは、体調面やメンタルの部分で万全ではなかったのだろうことは想像がつくが、それでも勝負圏外ながら掲示板は外さなかった。
その実績だけでも買える要素だろう。ここでは気楽に挑める。

洋芝に関しては、結構厄介な個性の部分での、微妙なバランスが影響することも多いので、上がり目の不確かな状況で推し材料にはならない可能性もある。
ただし、マイルから2000Mくらいの力勝負に向く血統が、洋芝適性を補うことは往々にしてあるので、幾らか欧州のパワー型にシフトした、本質中距離型の大種牡馬が居並ぶリチャードの配合なら、むしろ歓迎の口であろう。

父ルールオブローのアンバルブライベンも同様。セイコーライコウやタガノアザガルも見逃せない。
ただ、ティーハーフに進境がみられる今の状況は、そんな重賞実績馬より勢いでも洋芝適性でも上回る可能性がある。
充実期に入ったとされるこの3頭に、GⅠを展望できるようなハイレベルの競馬を作ってもらいたい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方