2014セントウルS予想

JUST競馬予想ブログ

セントウルS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

9月に入っても大気は不安定なまま。どこかしこで猛烈な雨が急襲し、今また水浸しになった異常な世界を眼前にし、呆然と立ち尽くす人がこの国の中には存在している。

何が起こっても不思議じゃないという意味では、今のスプリント路線も常に不安定な状況だ。無論、GⅠの決着後にはそうならないことを皆望んでいるのだが。

 

サマーシリーズで2回以上連対した馬が1頭だけで、それが暫定チャンピオン。このシリーズ最終戦となるこのセントウルSの結果が、現状ではあまり重要視されていない。

でも、役者がある程度揃ったと言えども、6月以降に使った馬が圧倒的に有利。鮴押しはしづらい。

 

だだし、高松宮記念の上位勢が能力上位であることも間違いない。

そこに至るまでに、きっちりとスピード能力の高さを示すレースぶりを見せていたから、あんなひどい馬場でも大波乱にはならなかった。

スノードラゴン、スマートオリオン等の例外はいるが、概ね夏頃までに巻き返している。

敢えて、今ここでそこから休み明けの馬を狙う手はある。

そういう意味で面白い存在になりそうなのが、エーシントップである。こちらは、そのドタドタ馬場で先行激化の見立てを嘲笑うような先行策で、4着粘り込みを果たした。

 

レースを制したコパノリチャード<4角2番手>は単調な性質だったが、不良馬場と先行馬に合うデムーロ騎手の気質に起因する奇跡的な折り合いの好条件が重なり、その特殊すぎる能力の要求されるレースで、相応に厳しい流れを作ったエーシントップ<坂下まで先頭>と喧嘩するような場面はなかった。

皆が自分のことで精一杯だった。

 

そんな中で逃げたわけだから、今回はハクサンムーンにハナを譲る公算も大きい。でも、そちらはまた先行策に一捻り加えそうなことを言っているから、必ずしも厳しい展開にはならないとも考えられる。

いずれにせよ、エーシントップだって元はと言えばガッツリ先行型だったわけで、昔の自分に戻っただけのことである。

 

こんな面白い傾向もある。複数回好走したゴールデンキャストやダッシャーゴーゴー、また一昨年の覇者で、今年はサマースプリントチャンピオンを賭けた戦いに挑むエピセアロームなど、なぜだが2歳戦で輝きを見せた馬が復活することが多い。

2001年にこのレースを制したのも、ファンタジーS以来の重賞勝ちとなったテネシーガールだ。

 

約1年半近く勝利から見放されているが、ストームキャット系の馬は往々にして、何かを思い出すと突然走り出す。

そうじゃなくても来る傾向があるのだから、狙ってみる価値はありそうだ。

 

話題の競馬指数を検証しました

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、無料で使える競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。
競馬で勝つためには、それなりの配当を的中させることが必要。 先日は以下のような超大穴も的中しておりましたが、3連単が3回に2回当たるという安定度も確認してみました。

2018年4月28日 東京10R 春光ステークス
1着 マイネルクラース  4番人気(指数1位)
2着 トウカイエントリー 7番人気(指数2位)
3着 バイタルフォース  10番人気(指数4位)

指数1位→2位→4位で決着 ⇒ 3連単 14万1,970円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方