2015プロキオンS予想

JUST競馬予想ブログ

プロキオンS -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

まあ、これはいいレースになりそうだ。目一杯時間を割いてハンデGⅢという名の推理ゲームをするのが7月の中央競馬との正しい付き合い方とされるが、GⅠ馬2頭に、秋以降のタイトル争いで人気を集めそうな馬が、実質暫定チャンピオンと思われるダノンレジェンド以外みんな出てきたので、さすがに注目しないわけにはいかない。

そのダノンレジェンドがいないから、コーリンベリーには競馬はしやすい。
ただ、今回はGⅠ未勝利馬以外では実質最上位の55を背負う。
今後ともそうなるし、ここらで直線の長い競馬をうまくこなして…、メンバー中唯一の連勝馬だから、その流れを止めたくない気持ちあるのだろうが、追いかけてくるライバルは、まだ若いチャンピオンでありその候補なのだ。
逃げたいと思うライバルはおらず、今度も自分の形に持ち込むことになるだろう。

小回りの方がいいのは確かだろう。
昨年もこのレースに参戦しているが、結局は人気馬にはちょうどいいペースメーカーになっていた。
マークが更にきつくなる今年、力をつけた分との相殺で、頭までは厳しいだろうとみるのが普通かもしれない。

正確に位置取りを推定するのは、力勝負のダート重賞では難しい。
ただし、レッドアルヴィスの性質からして、相応の好位置につけてくる可能性だけは、ほぼ間違いないと断言できる。
人気馬の過剰な評価は避けないといけないことは間違いないけれど、心配しすぎてもいけないというのがここ2週の結果。
少なくとも、勢いのある馬には多少の条件変化はマイナスとはならない。
この馬の場合は、ムラっ気の方に配慮が必要だろう。さすがに、自信満々では推しづらい。

59軍団に本気の勝負を挑む義務があるわけじゃないレース。
一捻りしないと正解にはたどり着けない。差しが届きそうな馬からか。

少し不利な条件は多いが、現状の実力だけなら、エアハリファの快勝も非現実的な可能性とは言えない。
むしろ、ほどほどに流れてくれれば、自分のリズムで仕掛けるところまではいくだろう。
あとは、反応できるかだけだ。

元々阪神1800を主戦場としていた馬だから、まあ、ポカというか反応の面の不安は、ある程度まで考慮する必要はある。
それでも、力をつけたダート馬というのは、自分の庭では早々に崩れないもの。
まだ1400Mの経験は2度のみだが、1800中心の時代より、スパートのタイミングにレパートリーが増えたせいか、安定した能力発揮が可能となった。
言わずもがな、その手の馬は気難しいのである。ストームキャット系で、どこにも緩急の利く血筋は入っていない。
再出発にふさわしい舞台ではないだろうか。
ワイドバッハも一息入って、また仲良くゴールもあるか。レッドアルヴィスとここでは同格とし、馬連中心で高齢馬もある程度はカバーしたい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方