2015サマーシリーズ展望

JUST競馬予想ブログ

サマーシリーズ展望

読了までの目安時間:約 3分

 

スプリントは北海道と本州で各々初戦が行われ、次のアイビスサマーダッシュで交流が図られるといった段取りだ。

2戦とも勝った馬は強かった。
道悪のCBC賞では、ダンスディレクターより後ろに構えていたウリウリが、今まで苦にしていた急坂と雨馬場をものともせず、鮮やかなイン強襲で突き抜けた。
函館SSのティーハーフにしても、とんだズッコケスタートからじっくり進出して、前崩れの展開も味方につけ、直線半ばで勝負を決めた。
2着以下も魅力的なCBC賞組と、人気馬がどうにも・・・の函館組とで、対照的な面もあるが、恐らくシリーズは彼らがキーホースになるだろう。

マイルは今年も読み切れない。
有力馬の参戦は、他の2シリーズよりは限定的で、あくまでも単発での参戦。
クラレントがようやくチャンピオンのプライドを見せたが、やっぱりGⅠでは足らなかった。
これだと言い切ることまではできないが、米子Sで意外と好位からでも行けたスマートレイアーや、希望込みでアルフレードの復活走に文句なしのチャンピオン誕生の可能性を託したい。

七夕賞から何頭小倉記念に向かう馬が出てくるかわからないが、函館記念と新潟記念を両方勝つ馬が、なぜか昔から結構いるので、特異な札幌記念への陣営の意識が、2000路線の結果を大きく左右する。

札幌記念に出なさそうなタフな馬で、まだ絶好調までは行っていない馬が毎回最後はいい思いをするのだが、七夕賞はグランデッツアに征服されてしまったから、ポイント加算できた馬ほど、次戦は怪しい。勝ち馬だけ上が臨めるだろう。
函館の方はというと…。レベルはまずまずだが、近走勝ちきれない馬が多いから、評価が難しい。
こちらは2戦しか使えないから、両方勝てそうな馬を指名するのが筋だが、エアソミュールは次の斤量まで考えると、勝ったら間違いなく札幌記念だから、ダービーフィズとか洋芝の鬼にもなれそうなマイネルミラノが推しメンとなってくるか。

今年は、最後まで楽しめそうな感じがする。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方