2015函館記念予想

JUST競馬予想ブログ

函館記念 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

いよいよ台風シーズンである。
昨夏開催危機にあった北九州記念で初重賞制覇を果たしたリトルゲルダは、その後セントウルSも快勝し、スプリントチャンピオンになっている。
それに肖りたい馬は多い。

最優先事項は、決まって北海道での実績とされる。
函館記念、札幌記念双方の勝ち馬は、ほぼ毎年のように、下級条件であろうが何だろうが、どちらか2場の競馬場で走っている。
近10年では、エリモハリアーの三連覇の記録もあるから、一概には言えない部分は認めるが、例外はトーセンキャプテンの1回のみ。
今回の有力馬で、その点における懸念が生じる馬は、ダービーフィズやハギノハイブリッドくらいなもの。多くはない。

函館記念というのは、そもそも前走の成績はあまり重要ではない。
ただし、巴賞組以外は除く、という条件はつく。
この時期の重賞は、前走GⅠを使っていてこちらに回ってくる馬もいるから、それはさすがに着順云々を問うこともないのだが、昨年は、その手の馬が1、3番人気で惨敗しているから、夏の重賞の鉄則に倣うのがいいのかもしれない。
安全策として無難に守りに入った予想<人気が集まりすぎている馬>を推したところで、甚だ見当違いというのは、毎年あることだ。

迷わずとも、不気味な高齢馬の動きに翻弄されることは、時計が掛かった時代なら考慮に入れるべきだったかもしれないが、考えすぎると墓穴を掘ることもあった。
エアソミュール。6歳の57.5、トップハンデホース。
これを切らないで、その上で他にも推せる(超えられそうな)馬の選択が、このレースの基本線だ。
七夕賞よりは、こちらの方が人気馬への信頼はあるように思う。斤量が軽いから、という理由で台頭する穴馬は、それほど多くない。

ハンデ重賞だから、もちろん考え方は十人十色だろう。
でも、逃げる馬は、みんなマイネルミラノだと思っているはず。それも単騎になりそうなことも。
もちろん、巴賞よりライバルが倍増しているから、簡単には逃げ切ることはできないだろうことも、皆承知している。

昨春、中山で突如として目覚めたこのステイゴールド産駒は、そのらしさを時計面での課題にのみ血のつながりを感じさせたが、前々走は1:45.0で、自分の型を崩した差しの競馬でありながら東京1800を乗り切っている。
自分の形に戻して、初の函館だった前回は、それをそのまま転じるかのように、1:46.5で圧勝。
エアソミュールより速いことは、これで十二分に証明されたと言えるだろう。

それと真っ向で挑める馬。福島でのよもやの敗戦はあったが、一度リズムに乗ってしまえば、簡単には止まらなさそうな牝系の配合から、相手強化がむしろ、この馬の良さを引き出すように思う。
前年覇者や重賞実績馬も顔を出てきたが、久々に決めて比べにならないレースに出てきたハギノハイブリッドが相手筆頭。藤岡康太騎手が今まで通りに下げて競馬をすると、思い出したかのようにいい脚を使うかもしれない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方