2015中京記念予想

JUST競馬予想ブログ

中京記念 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

今回やってくる台風は週末に関していえば、中京競馬場など開催3場には影響しないようだ。
それでも、先週までの雨の影響で大分痛んでしまった芝が、どんな波乱を演出しないとも限らない。
さっぱりわからない逃げそうな馬の選定よりは、荒れ馬場をこなしてくれそうな有力馬を探した方が手っ取り早いような気がする。
何せ、マイル戦になってからの3年、前半の流れと全く関係のないところから追い込んできた馬が勝っているのだから。

とはいえ、今回推したいと思っているオリービンは、展開を読んでのことだろうが、前走米子Sで突如として逃げた馬だ。
この馬も先行態勢が整えばいくこともあるだろう。でも、それを期待しているわけではない。
造りが阪神と似ているとはいえ、59秒中盤の前走の逃げ方では、さすがにちょっと粘り込めないだろう。

それでも、どうもこの馬は、ポートアイランドSと妙に相性がよく2勝しているように、体型は違うが、父ダイワメジャーのようなパワー勝負に向く性質を色濃く受け継いでいるようにみえる戦績をここまで残している。
全5勝は全て阪神でのもので、前記のオープン実績は少し馬場の荒れてくる開催最終週か冬、春の時計のかかる時期に集中している。

上の兄弟であるピクシーダストやハングリージャックも似た傾向にあるから、母父のジルザルやその奥にあるハイぺリオン系のパワー型の影響も強く出ているのだろう。
時計の読みも難しく、ましてや早くもリピーターが2頭登場しているレースに変わった7月中京記念のこと。
丸々1年走っていない馬にもチャンスのある特殊な性質が要求されることは百も承知で、ちょっと癖のある血統を最大の理由にして、オリービンの初重賞制覇に期待する。
無論、小牧騎手が前回に続いて乗ってくれることが重要な条件だったから、意外とこの開催に強い鞍上のプラスアルファも含め、軸に据えたい。

スマートオリオンやメイケイペガスターなど、一つ下の世代で重賞を強い勝ち方で制した取捨難解な馬も登場するから、相手探しは相当難しい。
狙い方が荒れ馬場巧者からのちょい荒れ希望なので、前々走東京1400好時計勝ちの実績が光るネオウィズダムの本来のネオユニヴァース産駒らしい性質と、左回り巧者ぶりを買って2番手評価。
3年連続2着もあるだろうミッキードリーム等のうるさ方も押さえつつ、4歳馬の参戦がいないから若い馬を狙えない分を、実績馬トーセンレーヴの激走への期待に充てたい。元々、中央場所ではもうパンパンチ足らなかった馬だから、ここでは面白いと思う。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方