2015関屋記念予想

JUST競馬予想ブログ

関屋記念 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


今回買いたいのは、昨年も期待したエキストラエンド。
勢いを再び取り戻したミルコ・デムーロの本能的なローカル戦適性に加え、サマーシリーズの騎手部門における争いでもこの手の乗り替わりがこの後も続いていけば、史上初の「ルーキー」による夏王者誕生も夢物語ではない。
それよりは、札幌の騎手の祭典への参戦で結果を出すことに、今は気持ちが傾いているか。

陣営の流れの悪さもそろそろ変えたい。
角居厩舎の期待馬は、ことごとく人気を裏切り、大将という位置付けだったろうエピファネイアの引退までの一連の流れも、必ずしもスムーズだったとは言えない。
エアソミュール、ラキシス、デニムアンドルビー…、彼らの実力よりは一枚劣るエキストラエンドが自分の競馬に徹すれば、例年よりは競馬のやりやすい12頭立ての一戦は、決して一枚岩ではないこの路線なのだから、全く歯が立たないという推測は成り立たないはずだ。

逆説的にも、また回りくどい評価の仕方にもなってしまったが、このメンバーで自分の武器をフルに生かそうと思えば、基本的に高速決着になるわけだから、持ち時計が必要なのは間違いない。
マイルCSで昨年5着だった時に記録した1:31.9は、今は図抜けた記録として捉えられないかもしれないが、このエキストラエンドがあまり使いこまれず、4歳の夏の前まで中距離戦で吹き溜まっていたことまで考えたら、メンバー中屈指の好記録である以上に、日本の高速競馬における消耗が最低限で済んでいるというアドヴァンテージがあるとも解釈できる。

兄のローエングリンもそうだったが、ハマるかハマらないかという要素ともに、スイートスポットの狭さも災いしてここまであまり目立った戦績を残せなかった部分がある。
GⅠシーズンでの好成績は目立つ。無論、それは大きなレースでのものではないが、冬の京都だとか春の東京で強いという印象は、単純な高速馬場というよりは、普段よりは軽くはないけれど、底力勝負でなら出番のある血統のイメージ通りの性質を示しているのではないだろうか。

そういう馬には、このレースは向いている。
かなりの数、左回りの新コースになってからクラシック候補に上った馬が勝っている。
3歳春の時点ではさすがに上は望めなかったけれど、今のここなら…。そういう勝ち馬が多いレースで、昨年も期待した弥生賞の5着馬としての可能性は、ムラなスタートの出でありながら、3走続けて1分32秒台で駆けて、上がりも常にメンバー中の上位につけている結果に、昨年以上の期待感が持てる。

中山の2000Mと東京の2400Mで使ったときに跨っている鞍上が、今回どんな印象を持って挑むのか。少しスタートに癖のある馬は、なんとなくイタリアンの勝負意欲を掻き立てる何かがある気もする。
相手筆頭は、こちらも弟と呼ばれることの多いレッドアリオン。GⅡを勝った後、斤量が少しずつ減っていき、また格もそれより下のレースに出られるのだから、切る要素はない。ましてや少頭数だ。
京都で勝てるなら…。新潟歓迎の差し馬マジェスティハーツ、サトノギャラントもぜひ買いたい。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方