2015札幌記念予想

JUST競馬予想ブログ

札幌記念 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


一考の余地はある。

秋のGⅠを制し、その後のGⅠレースでもそれなりの走りは見せているトーホウジャッカル、ラキシスらが中心にいることは間違いない。

それらに追随するラストインパクトも、休み明けではあるが底力勝負では出番ありだろう。

それでも、日本のトップホースである彼らには弱点がある。

皆京都で実績を上げてきたことは、同じ直線平坦の競馬だからマイナス材料にはならないものの、ターゲットとなる馬が多数出走してくる競馬では、一癖ある性質も影響するのか、必ずしも盤石の競馬には持ち込めていないのである。

ディープの割に、上がりや全体時計そのものが速いレースに向かない2頭は、タイトな作りで巧みなコーナーワークの求められる競馬では今一つの結果という今度はディープらしい傾向を示し、ハイパーレコードの菊花賞馬は、全貌のまだ明らかになっていないキャリア8戦への疑念と余地両側面の不明点より、血統のイメージというか、CBC賞勝ちのトーホウアマポーラが上にいることでもわかるように、存外時計が速くなる競馬のほうが向く可能性があり、今回洋芝であることと宝塚の4着という結果がそのせいであると仮定すれば、叩き良化分を加味したところで、ディープ2頭に太刀打ちできずに終わってしまうことも考えられなくはない。

無論、こんなものは重箱の隅をつつく程度の小さな粗探しであり、他馬には申し訳ないが、歩んできた道を考慮すれば、本線のどの枠には彼らを入れるという最低条件があることはいうまでもない。

ルージュバックがいないなら…、ではさすがに失礼だが、ディープのもう一本の矢、洋芝実績もあるディサイファの大駆けを期待したい。

さまよえるダーレーの象徴的存在になり下がりつつあるこの良血馬は、ここまで大変堅実な結果を残してきた。

半分近いオープンキャリアを含め、敗戦時勝ち馬に0.6秒以上離されたのは30戦弱の中でたったの4度。

うち昨秋のGⅠ2戦はその中に含まれるが、あとの2つに関しては、3歳秋での記録とはいえ、恐らく不適であろう2400M戦での大敗の時と、昨年都大路Sでグランデッツアがレコード独走した際に、1番人気で2着した時だから、突き抜ける力はなくても、どこでもある程度は結果を出していると言える。

元来堅実で、得意そうな場所を選んで使ってくるからこうなったと斜め読みもできるが、キャリアを重ねて時計勝負にも対応できるようになったことを前年より0.7秒速く走って3着したエプソムCで証明し、やはり軽い馬場よりタフな末比べに向くことを示したのが、その前の中日新聞杯だった。

近走の記録だけでも買い材料が多い上、サマーシリーズ以外の重賞で負けていた馬は人気の盲点になりやすい。

単勝20倍以上のオッズは考えにくいが、十分に妙味のある存在だろう。

相手を前に置いて競馬できそうだから、四位騎手のスタイルにも合う。

同じくように堅実なラキシスと距離は合うラストインパクトが軸。

トウケイヘイローの逃げ脚と、誰も気づかない時に追い込んでくるヒットザターゲットが、快速菊花賞馬と同等の評価。

それぞれ本命にはしづらいけど、魅力だけは名馬級のものがある。軽視はできない。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方