2015キーンランドC予想

JUST競馬予想ブログ

キーンランドC -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 


最初は、ティーハーフでもういいだろうと、検討に身が入らなかったのだが、週中に入ってから改めて出走予定馬を見直してみると、明らかに函館スプリントSのようなハイペースは想定しにくいことが判然としてきたので、少しその線を考え直してみた。

加えて、前哨戦としての位置づけにあるUHB賞がレコード決着、藤沢厩舎の準オープン馬が格上挑戦で勝ち切って、実績馬もろとも封じ込めて、主役候補に躍り出てきたから、少しできすぎやしないかと、これもちょっと疑ってかかったのである。

すると、一本のラインが見えてきた。

そのレコード決着になったUHB賞の出走馬を一応脇にどけて、残りの10頭の前走の位置取りに注目して、3角、4角まで、少なくとも残り300M地点までは5番手以内に入っていた馬を見ていくと、

トーホウアマポーラ

CBC賞⑦<重> 5-5

オメガヴェンデッタ

函館日刊S杯①<重> 3-4

と、たったの2頭しかいなかったのである。

その上、先行態勢に入っていたというより、流れに乗れたから相応の結果を出せたというものだから、一概に信用できる戦績にもならない。

一度疑い出すと…。

と言いつつ、舌の根も乾かぬうちの筋悪予想だが、ゼンノロブロイ×ビハインドザマスクという血統と安田隆行厩舎の取り合わせに、妙に射幸心を煽られた形で、オメガヴェンデッタのこれからの充実を先物買いすることにしてみた。

オメガヴェンデッタは、前回が洋芝初参戦だったが、ねちっこい函館の重馬場をものともせず、京王杯SC3着の実績に見合った1番人気の評価に応えて見せた。

その時2着に敗れていたエポワスが、大差はないにせよ、一応競馬場替わりでびっくりするようなパフォーマンスを見せたので、若干上増しされた評価が、格上がりと要素と相まってこちらに有利に働くことになれば、これ以上ラッキーなことはない。

中央場所で少し時計を要した際に台頭していた傾向からも、この札幌の高速馬場程度が、時計限界の指標になると思われる。

母のようなキレる脚は、33秒台の上がりを昨年末から使えるようになったから、成長曲線でも似た特徴を受け継いでいるのだろうけど、本質は父のように、スパッとした脚で勝負はできないパワー型。

このタイミングで横山典弘を配してきた陣営の判断は、恐らく体調面を含めた勝負できるという確信のようなものが芽生えた、明らかな成長の証を確認できたからこそのことだろうから、自在に動けるタイプに有利な展開を味方につけられる勝機ありの一戦と考える。

いちいち切る馬を見つけるのではなく、いい騎手も集まっている週だから、手広く満遍なくを心掛けた流し方をしつつ、大荒れまではなさそうだから、レースに影響を与えそうな前記の有力馬にはいくらか厚めに配分する。

高齢でも侮れないスギノエンデバーとマジンプロスパーまで押さえれば、何とかなるとは思うのだが。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方