2015新潟記念予想

JUST競馬予想ブログ

新潟記念 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

サマー2000シリーズは、1週焦らされた末に、先週の全レース終了後に発表された新潟記念の出走登録馬に、七夕、小倉記念の勝者及び、新潟記念優勝でチャンピオンの可能性のあった馬の名が皆無だったことにより、ダービーフィズの圧勝という形で終幕した。

このレース。彼と戦って敗れたマイネルミラノが、北海道路線から転戦。レース展開に大いに影響する存在となった。

初重賞制覇をかけて5度目の挑戦となる今回は、前走函館記念との様々な変化によってもたらされる好転の兆しを結果で示す絶好の機会となるはずだ。

平坦、単騎逃げ、ほぼ掌中にある主導権…。

ただし、丹内騎手が前回間違った乗り方をしていたわけでもない。

3、4角でのスパートは、その前の時点でのリズムの悪さを勝負に出る形で取り戻そうとして、結果、シリーズ優勝のダービーフィズに最高のアシストをしてしまっただけのこと。

でも、直線の長さだけは、昨年のメイショウナルトもそうだったが、明らかに不利になる。

自らスパートする馬には、多少上がり脚で極端な数値を求められることが減ったとはいえ、厳しい競馬を強いられることは間違いない。

前回と同じでも駄目だが、理想的なイーブンペースが、またしても後続の格好の標的になるのも事実。3番手評価に留めたい。

一応、条件は付くのだが、彼が前回と同じ流れを作ったならば、新潟なら1分58秒前後の時計で決着するはず。

雨の影響も考慮しないといけないから難しいが、それらをすべてを乗り越えられるのは、キャリアの浅い3歳馬だろうと考える。

決して、パンパン馬場になることはないだろうし、斤量利と左回りでの実績、ある程度差し込める脚を持っていること、すでに同期のベルーフは通用していることなども含め、ダービー6着の実績は買い材料とみて、新潟2歳Sの再現を期待するべくミュゼスルタンの差し切りに一票投じる。

どのレースでも確実に最後は伸びてくる馬なので、展開は向くだろうし、近年の新潟記念は、前走でレベルの高い重賞競走を使っていた馬が、最後の最後に勝ち切る傾向にある。

昨年は、サトノアラジンが勝った小倉記念で2着だったマーティンボロが、再戦となったラストインパクトを返り討ちにして、サマー2000シリーズのチャンピオンを決定づける、少し物議を醸す結果ながら、確実な末脚でこのレースを制している。

滅多に休み明けの馬が出てこないレースなので、GⅠを一応好走した組の馬というのは少し疑ってかかったほうがいいのだが、古馬の実績上位馬は、斤量の問題というより戦法に一癖あるタイプだから、注目が集まると勝ちに出て失敗ということまで考えると、人気面を除くと気楽に戦える立場の方が好走しやすいメンバー構成だ。

人気にはなるだろうが、53なら消しようのないアヴニールマルシェは同評価の対抗。一族の傾向から、渋ってもある程度まではこなせるだろう。

古馬では、アルフレードやスイートサルサなど東京など左回りコースでの少し派手めの差し方をして好走した馬を中心に、ゴール前の混戦で台頭してきそうなタイプへパラパラ流したい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方