2015スプリンターズS展望

JUST競馬予想ブログ

スプリンターズS展望

読了までの目安時間:約 3分

 

力差がないことは春とは変わらないが、GⅠシーズン終了後の短距離路線は牝馬、牝馬、牝馬といったいつも通りの夏の展開になって、9月の中央場所開幕を迎えるに至った。
2頭の牝馬の動向が、今一番の注目点だ。

ウリウリ
同じディープ産駒では、昨年はレッドオーヴァルが新潟でのレースで3着していたり、今年も先行タイプのミッキーアイルが加わる公算なので、いつこの不毛地帯に花を咲かせることになってもおかしくない状況。
でも、キレるし、男馬も負かしているウリウリは、実績一枚落ちでも、展開上の有利さがある。
過去10年の勝ち馬の4角ポジションは、3番手以内と4番手以下で互角の数字になっていて、昨年もそうだったが、差し馬が近年のトレンド。5歳馬も強い。

ベルカント
逃げるかどうかはそのとき次第だろうが、昨年の好走馬で正攻法の5着したこのベルカントが、今一番調子がいい。
昨年は、夏もあまり調子が良くなかったし、牝馬独特の1年間の空振りを経た復調は、存外安定感の面でも信頼できて、現状の最有力候補だ。
武豊騎手が乗っている時が買い、というのが、大一番で強かった角田調教師からのシグナルだとすれば、5着よりは上に来そうだ。

ウキヨノカゼに出番があるのかは、まだよくわからない。
一応男馬からは、ギリギリ出られるかどうかのビッグアーサーと、そろそろ先行馬に流れが来そうなので、実績を重視してハクサンムーンが中心視される。
牡馬はフレッシュさが大事。

ロードカナロア
ローレルゲレイロ
らが、セントウルSで負けて本番で巻き返し、
スノードラゴンは、キーンランドCだけ凡走したのに単勝50倍に迫ろうかというオッズで奮起した。

最近外国馬が多く勝っている。過去10年で3勝。
ただ、今年は出てくるのか分からない部分もあるから、無視するくらいでちょうどいいだろう。
セントウルSで中身のある敗戦を喫したら面白いのが、逃げるしかないルチャドルアスールか。
要するに、主演男優賞候補が少ないのだ。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方