2015 神戸新聞杯予想

JUST競馬予想ブログ

神戸新聞杯 -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 

 

今年は、ダービー出走馬そのものが少ない。

セントライト記念のレースレベルが??だったことを考えれば、案外荒れることを前提条件に置くのは、大きく筋違いになる確率が低いとも言えなくはない。

面白いといえば面白いかもしれない。

しかし、裏を返せば、GⅠ馬が秋の菊花賞トライアルに出てこないことは、どうしたって物足りないのである。積極的に買いたいと思える馬は、菊でも狙えるということで、1000万勝ちの馬から狙おうと思っていたら、今週も武豊騎手が乗っているではないか。

リアルスティール陣営には申し訳ないが、勝っても貧乏くじ、負けても距離不安は拭えぬ血統背景からも、本線で彼をグリグリに押さえる手は、今この時点では賢明な選択だとは思えない。

ましてや、骨折のマイナス要素が、負けが込んだ後にもれなくセットでついてきてしまったのだ。

かつてのドリームパスポートの時とは違い、今年の春二冠は、自分自身の能力の高さも手伝った形で、かなりのハイレベルとなってしまった。

勝ったからと言って、素直に喜ぶには、ものすごく時計が速いわけではないが、異常に強いと感じさせる、ドゥラメンテのような神秘的なものを感じさせる何かを放ちながらここを圧勝した場合のみだろう。

強気の先行か後方一気か。

菊での期待ができる時ほど、ここでの着順はあまりよくないはずだ。

いちいち、人気馬の切り材料を書き連ねるのは、本命馬にも失礼にあたる。

ティルナノーグの推し材料を今度は語る。

いや、そんなものはない。

スローを見越して、テン乗りであった石橋脩騎手が逃げの手に出られたのは、言わずもがな馬のことをよく知らないからである。

あの信濃川特別は間違いなく、彼流のコンタクトでティルナノーグの本質を引き出したのだ。

手が戻った。重賞300勝の話は、数年前、噂話すら出なくなった頃のマイルCS快勝のこともあるから、変に意識されても困るのだが、馬の事はよく知っているし、その点は安心。

リアファル、キロハナ、マッサビエルなどなど、このレースにも後々重賞ごときならいくらでも勝てそうな才覚を感じさせる候補が顔を揃えている中、何故推し材料に案外乏しいこの馬を選んだのかといえば、

「一度見捨てられた馬の逆襲は怖い」

という、迷信をあえて信じてみたいからだ。

1年前。京都の紫菊賞をレコード勝ちしたティルナノーグは、当時のクラシック最注目馬である。

以降、⑦-⑩-⑦-⑦-④…。

小柄な馬だったから、休み明けで出てきた紫菊賞は大幅体重増での勝利で、好時計勝ち。

道悪惨敗でケチがついて以降、その記録は過去のものとされてきた。もう駄目だろうと。

休んでよくなったわけではないだろうが、再び体を増やして出てきた前走は、反応だけならいい頃の出来に戻っていた。

前に行けたから勝てたレース。

いや、前に行くことをもっと早く身につけられていたなら、である。

新馬は先行押し切り。2戦目は少頭数の追い込み一気。

賞金加算だけができなかった。春になって絞れたから、反動と冬場がよくなかった可能性がある。

この距離で、時計云々は重要ではないが、ここ2走の走破時計は水準以上。

戻っていれば…。むしろ、前回より走れる状態にあるように思う。

何せ、牝系に潜むネヴァーベンドやニジンスキーの血は、その昔の菊の定番血統だったのだ。

単純なアメリカ血統というよりは、すこしズブめの性質が必要なこれからの時期の長距離戦に向いているはずだ。

希望的観測のご都合主義な推理。

他の上がり馬の方が、適性は上回る可能性は大いにある。

でも、弥生賞のレースぶりから、中距離のタフな争いで侮れない才能を秘めていそうなタガノエスプレッソは是非買っておきたい。

父ブラックタイドでは物足りないが、今やその弟と種牡馬成績互角のキングカメハメハが肌という配合。真面目に検討しても、最近の重賞の荒れ方だから、意外と底力のある馬は満遍なく押さえるほうがいい。

あとは、もう四の五の言わずにパラパラ流す。

 

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方