2014秋華賞

JUST競馬予想ブログ

秋華賞展望

読了までの目安時間:約 3分

 

ハープスターの積極的回避決定後も、そのステーブルメイトであるレーヴデトワールが紫苑Sを快勝し、堂々3歳戦最終ステージへと名乗りを上げた。そして、タガノエトワールまでもが突如有力候補へ上ったローズSには、厩舎の宝物であるビワハイジの愛娘・サングレアルの名前も。

松田博資厩舎、恐るべし。全てを切るのは難しそうだ。

 

休み明けの組も何頭かいる。ただし、春の好走馬はみなトライアルに出てきたから、オッズがある程度つかないと手を出しづらい。30倍辺りが取捨のラインか。

そういうタイプが穴をあけたり人気馬の場合だと、ものの見事に吹っ飛んだことが数年おきにあったりしたが、マーブルカテドラルやホウライアキコが出てきても、人気にはならないだろう。あとは自己判断で。

 

今年の主役級であるレッドリヴェール、ヌーヴォレコルト両GⅠ馬は、前述の流れに乗ってローズSへ顔を覗かせた。ところが…。

オークス馬の圧倒的な安定感と比べ、2歳女王のレッドリヴェールは、ここまでの疲れが影響したのか、成長力が全くないのか、それとも脚を…、などと良からぬことまで勘繰りたくなるほど見せ場なく敗退。

最近、その一番最後の考えない方がいいことを考慮せずに3歳戦を戦い抜ける馬が多い。ただ、メンタルが萎えてしまっている可能性も否定できない。実態の再考が急務だ。

 

ヌ―ヴォレコルトは万全。鞍上の岩田騎手も案外の鋭い反応に、武器が増えたと手放しに喜んでいた。

ただし、阪神の1800と京都の2000Mでは、大きな着順の入れ替わりがない割に、求められるものがまるで違う。

ローズSの再現が、勝利への最短距離となる。

 

~お知らせ~

独自の取材を行い、無料公開にもかかわらず数々の重賞レースで高配当を的中させている優良競馬予想会社の紹介をはじめ、競馬予想会社に関する様々な情報を、当サイトで提供中。
競馬予想会社の正しい探し方


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方