2015エリザベス女王杯展望

JUST競馬予想ブログ

エリザベス女王杯展望

読了までの目安時間:約 3分

 

3歳馬のここ10年の好走実績は、軸馬に相応しい存在であることを明確に示している。
14年 ヌーヴォレコルト②
13年 メイショウマンボ①・ラキシス②
12年 ヴィルシーナ②
11年 アヴェンチュラ②
10年 アパパネ③・<スノーフェアリー①>
09年 ブエナビスタ③
08年 リトルアマポーラ①
07年 ダイワスカーレット①
06年 フサイチパンドラ①
05年はエアメサイア⑤が最高着順。

世代のエース級が、きっちりと秋華賞をステップに好走してくるから、上がり目を残しつつ、京都外回りの流れに適した馬が順当に来る。
両方勝った馬は、ファインモーションやダイワスカーレットなどの先行型。
自分でレースコントロールできる馬であれば、古馬も3歳もないということだろう。

突き抜けた才能は必要ないが、距離適性がまだ判然としない部分もあるから、オークスで走ったから即通用とはならない。
今のところ、ローズS上位入線組が、秋華賞でそこそこ走った後、もう一度巻き返すといった構図か。
また差し差しでは、3歳馬壊滅もあり得る。

それもこれも、古牝馬のGⅠウイナーが元気なところを見せているからこその消極的思考。
ラキシスが絞れたことを確認できた京都大賞典は、4着止まりと物足りないが、今年も順調に仕上がっている。
古くはダンスパートナーやメジロドーベル、アドマイヤグルーヴもいた。ただ、3年連続の連対ではない。
ショウナンパンドラやヌーヴォレコルトの調子の良さを考えたら、昨年以上のパワーアップが望めない状況は苦しい。

4歳勢の積極的回避の可能性はある。同じレースで戦って唯一チャンスがあるとすれば、昨年と同じように、自分よりは少しだけ瞬発力に劣る馬が前にいるとき。
故に、キレるショウナンパンドラの中一週だとか、秋華賞で差し馬ばかりになれば勝機は十分生まれてくる。
府中牝馬S組は、差し馬からが鉄則。器用さを身に着けたスマートレイアーのイン強襲は怖い。
レッドリヴェールは、差し損ねの3、4着ならまだ脈はある。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方