2015ジャパンカップ展望

JUST競馬予想ブログ

ジャパンカップ展望

読了までの目安時間:約 3分

 

仏・香港・米でGⅠ3勝。それよりはいつも強い馬の2着というイメージのフリントシャーの参戦は、大変意義のあるものになりそうだ。本当に来るかは、正直不確定の部分はあるけれども。

血統面では、ノーザンダンサー系がふんだんに入った近親交配を施されているうえに、効果不明のイルドブルボンの4×4もついている。
ただそれは、父ダンシリが共通のハービンジャーとよく似た特性だから、不安な面ばかりではない。凱旋門賞のように極端な3歳優先主義的斤量設定とはならない日本のGⅠは好条件の選択肢の一つであろう。
本命にはしづらいが、人気になるだろうから意識は必要だ。
まあ、日本で能力立証済みのキングマンボ産駒であるアルカセットがレコード勝ちする図が、後から考えれば当たり前であったこととは少し差を感じなくもない。
1年遅かったか。

一方、その他外国勢よりは、血統水準が一見まともに映る日本総大将の選出は、難航を極める。

あのへそ曲がりの帝王が有馬記念のステップにここを使うとのことだが、前走とのレース間隔が2か月半以上開いた休み明けのレースで、京都大賞典しか不発に終わっていないことは、最低限考慮はすべきだろう。
春の天皇賞を勝って、秋はじっくり有馬記念に照準を合わせて調整される馬のこと。
昔気質のレース選択は、案外侮れない。休み明けの馬は消しの定説は、こういうタイプに打破されるものだ。

3歳では、菊花賞負け、回避組の好走率が高い。
が、菊組はデルタブルース以外は、ドリームパスポートはディープの凱旋レース、ローズキングダムは1位入線馬の斜行を味方につけて2位からの繰り上げ1着と、特殊すぎる競馬で参考にはならない。
ジャングルポケットの時もテイエムオペラオーラストイヤーだったし、ザッツザプレンティは重馬場。ジェンティルは女に弱い三冠馬が相手だった。

3歳では、サトノクラウンが現状の有力候補。
ショウナンパンドラは面白いけど、オールカマーが余計だったような…。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方