2015年 阪神JF展望

JUST競馬予想ブログ

阪神JF展望

読了までの目安時間:約 3分

 

アルテミスSの上位入線馬が皆中距離志向の馬だったせいもあって、人気に推された中で、唯一マイルの重賞でも勝負になることを証明したメジャーエンブレム<父ダイワメジャー>は評価据え置きといった程度で、大きな進展はなし。

長い直線を味方につけ快走したデンコウアンジュ<メイショウサムソン>よりは、3着で渋く見せ場を作ったクロコスミア<ステイゴールド>に今後の可能性を感じるも、次なる阪神1600でのイメージがどうも沸いてこない競馬になってしまった。

ファンタジーSに関しても、内実同等レベル。思われたよりはブランボヌール<ディープインパクト>の一本被りにはならず、結果もそんなような中途半端な印象。

勝ったキャンディバローズ以下、メジェルダに前記のブランボヌールとワンカラットを母に持つワントゥワンなど、そこに適性のありそうなディープほど力を出し切れていなかったから、本番へのコネクションは何とも言えない状況にある。

そして、昨年のロカのようなことがあるから、キャリアの浅さに魅力を求めても限度があることを考慮したら、新馬快勝で2戦目はほどほどにといったタイプから狙いたくなる。

が、今後もまだ番組があるからといっても、そのタイプでここまでは目立った馬がいない。

秋開催の未勝利勝ちの馬など、1600以上の1勝クラスで好走した馬を狙うのが妙味。これが1か月前展望だ。

アッラサルーテ<ダイワメジャー>は、夏に使われて一休みした後、大幅体重増の東京で3戦目の勝ち上がり。福島デビューのアパパネと似たローテだ。

コルコバードなども、ステイゴールドでも決め手のあるタイプで、母エンシェントヒルの良さを引き継いだ印象。

今年も関東馬と読むなら、この2頭は面白い。

クラリティーアイズ<キングカメハメハ>という馬は、名牝ラインクラフトの姪にあたる良血。関西馬でオープンを経験した馬と一緒に、この手の大穴候補を押さえるのは、混戦ムードの2歳GⅠ攻略の鉄則。

今年は快速タイプが多くない印象。ブランボヌールの巻き返しを期待したいが、果たして。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方