2015年阪神ジュベナイルフィリーズ予想

JUST競馬予想ブログ

阪神ジュベナイルフィリーズ -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 


混戦と言えば混戦。

とりあえずは、買いたい馬からピックアップすべきだろう。

西のブランボヌール、東のメジャーエンブレム。

重賞で1番人気になったくらいの馬だから、当然注目すべきだし、ディープ、ダイワメジャーのそれぞれ産駒であるから、ここだけではなく、先々待ち受ける大勝負に向けた試金石の一戦ともなる。

ともに、極端に前へ行くこと、後ろから勝負することに固執するタイプでもないし、ここまでずっと同じ騎手が乗り続けていることもあって、色々なパターンを試すにしても、次につながるような乗り方をしてきたから、少なくとも経験値の多い分だけ、他の馬よりプレッシャーに対する耐性はある程度までは見込める。

加えて、メジェルダの存在もある。

一時期よりはいい馬に上のクラスで跨る機会が増えたベテランの四位騎手は、参考記録ながら、このコースでぶっちぎりの大記録でともに駆け抜けたウオッカの主戦騎手である。

そんなこともあったかな、とは流石に言うはずはないけど、タイプは全く違うのかもしれないけれど、しかしながら、4戦続けて彼女なりの逃げを見出すことに傾注した結果が、前走の抑えめに行っての先行パターンであったならば、先のことも見据えて、行きたいのがいるならそれでもいいよという構えで控えることも想定されなくはない。

無理に先行するのは、彼のスタイルからして考えにくい。

行くにしても、メジェルダのリズムを守るのが最優先だろう。それでハイピッチで逃げて残られてしまったなら、もうお手上げである。

いじめるだけのスピードがありそうな馬はいなくもないが、マイル以下に照準を絞ってきそうな馬は、今回に関しては少ない。

行きたいというなら、それをつついて・・・、という先週のパターンは、この一戦では考えにくい。

マイル戦を連続して使われたメジャーエンブレムは、初めてのこの距離では休み明けも意識して、丁寧な好位抜け出し策。

前走のアルテミスSは、外枠ということもあって、重賞にしては遅い流れを自ら作って、終いは甘くなったが、鬼脚炸裂のデンコウアンジュ以外は完封。

それが今回、似たようなペースでも、前に少なくともメジェルダがいる展開になるから、大分競馬は楽になる。

距離には、母の血統面に対する不安の分だけ減点材料のあるブランボヌールにしても、エンパイアメーカーよりは頼りになるアンブライドルドの最良の後継馬であるアンブライドルズソングの全妹が祖母という観点から捉えると、GⅠに舞台が変われば、決してマイナス面ばかりではない。

久しくスプリント重賞馬は馬券に絡んでいないが、アストンマーチャンよりはアイムユアーズ、またホエールキャプチャとも同じようなローテだから、現時点ではルシュクル<08JF11着>より戦績も上だし、ディープをつけた甲斐があったという結果を残しているブランボヌールのポテンシャルをここではフルに発揮してもらいたい。

かつて道悪の函館2歳S圧勝後に惨敗の続いていたハートオブクィーンは、JFは不発に終わったが、翌春にはあわやの4着と快走を見せている。

洋芝の稍重は、時に中央場所で重馬場では利かないレベルのタフさが要求される。

そこでの3馬身半差快勝の結果を改めて評価したい。

メジャーエンブレムは当然にしても、相手には強い勝ち方をしてきた馬を選びたい。

2戦とも楽勝のアットザシーサイドに、新潟2歳S<稍重>2着のウインファビラスなど気になる馬の多いステイゴールド軍団は押さえて、色々鬱憤の溜まっていそうな横山典騎手のマシェリガールも、消耗戦に強そうな配合なので買っておく。

 
-----

万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を長期間リサーチ。当サイトで実際に登録し検証した優良競馬予想会社をピックアップ解説したのでご参考まで。
競馬予想会社の正しい探し方



■ 指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R メイクデビュー阪神
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018/5/27 WIN5
東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース予想

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方