2017年 マイルCS レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

マイルCS展望

読了までの目安時間:約 3分

 

まさかとは思うが、ソウルスターリングが毎日王冠で不発だったから、こちらに回ってきても…、と思っていたが、サトノアラジンに先着を許しているから、それもないか。
そこでグレーターロンドンが2着にも入れなかったことは痛すぎた。
初めてとなる間隔を詰めての参戦になっていた可能性もあったが、秋の大舞台への挑戦はもうあり得ない。

少しは男らしくなったサトノアラジンが、どういう雰囲気を醸し出して、今年も恐らく1番人気で出てくるだろう京都の大舞台でパドックに顔を出すのかが問題なのだ。
好時計の安田記念ほど、秋のこちらには全くリンクしないという傾向が出ている。
おまけに接戦。
スプリンターズSでそこの3着馬だったレッドファルクスが連覇を達成したことは、先着している組は喜ばしいことのようで、上がり目となると、その他の組に求めたくなるのは間違いない。

府中牝馬Sに登場したアドマイヤリードは、渋馬場に関係なく、単なる仕掛け遅れで3着。
東京よりイン突きは決まるから、ブルーメンブラットの様に立ち回れれば、結構面白い。
ただ、キレる馬は時計が速くなると出番がなくなる。
デュランダルやカンパニーが強かったときは、決まって時計は平凡。
ダイワメジャーやダノンシャークが元気だったころは、ほぼ全てが厳しい消耗戦だった。

さすがに直前ではないと先行しそうな馬を選定することは難しい。
秋華賞組のアエロリットがその筆頭で、あとラビットラン辺りでも今の路線の混沌具合であればチャンスありでも、結果は思わしくなかった。
ならば、桜花賞馬の方も思ったが、まずは勝ちたいだろう。

直前になっても迷うことが多いマイルGⅠ。
富士Sのメンバーが豪華で、完全にスワンSを凌駕しそうな雰囲気だから、登録しているグランシルク、エアスピネルに加えて、昨年の好走馬イスラボニータとそこで1番人気だったロードクエストの動きを再確認したい。
3歳馬には、ここまでの結果に信頼できない点も多く、勝ち切ってからの上昇力が勝ち負けの焦点になりそうだ。

 

タグ :    

レース予想   コメント:0

毎日王冠 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

◎ソウルスターリング
○グレーターロンドン
▲リアルスティール
注サトノアラジン
△ダイワキャグニー、アストラエンブレム、マカヒキ

さて、誰が逃げるのだろうか。
いや、行けそうな、行ってくれそうな騎手が人気になりそうな組み合わせ。
だから荒れる可能性もあるのかと、一応、前哨戦仕様の予想も組み立ててはみたが、その企ては、アストラエンブレムにデムーロ騎手が乗れないことに、出走馬が確定した後に、雲散霧消となった。
即ち、頭に据える馬はともかく、人気上位組から買うしかない組み合わせなのである。

シメシメと、ラビットランやルージュバックを駆ったここ数年通好みの好騎乗を見せる騎手が、ここでも一発を狙っていそうなところだと思って、それを狙えそうな組み合わせを見渡してはみたものの、
ダイワキャグニー×北村宏司
ワンアンドオンリー×横山典弘
なくはないが、少々見劣る存在感という風情。

詰まる所、有力馬の誰が逃げるのか、ということになるわけだが、ここはルメール&ソウルスターリングとみる。
断言もできなければ、とても勇気のいる選択になるわけだが、逃げ馬不在となって、逃げることだけはやめてほしいというリクエストを口を酸っぱくして出している藤沢調教師とて、この戦いを、故障明けの初戦として選んだバブルガムフェロー<3着>や、元からゲートに難のあったペルーサ<5着>と同格という見立てだったのならば、似たようなローテとなるスティンガー<4着>もそう、そもそも素直に秋華賞を狙うはずだから、挑戦者としての競馬を決して否定的には捉えたりしないように思う。

これまでのソウルスターリングは、一度たりとも逃げたことはない上に、折り合いに当初は課題のあった馬だから、4角2番手以内というのもオークスが初めて。
しかし、それが長い距離で、もしかするとこれ以上長い距離は使う気はないのかもしれない陣営の皮算用を読み解くと、無理強いの壁を作ってそれを捌く、というノーマルの差しの稽古をここで行うことも、いつでも後ろから競馬はできるという自信はあるだろうから、スロー見え見えの競馬でわざわざ負けるかもしれない手は騎手も考えないだろう。
ダイワキャグニー辺りに逃げられるよりはずっと走りやすい。

阪神JFのハイペースを凌いで、後の桜花賞連対馬を早めの抜け出しで制した実績を考えると、ここでのスピード能力は間違いなく最上位。
時計の更新は、今後はより簡単になるだろうから、少なくとも総合力で勝負できるこの舞台に、やや適性に偏りのある面々が多い組み合わせで出られることは、何とも喜ばしい限りである。

グレーターロンドンは、もしかすると先行しても強い可能性があるし、何より賞金加算をしないことにはこの先はない立場。
田辺騎手で行く可能性はあるし、結局、それを追い詰められる、受けて立つような競馬でも凌ぎ切れるのは、正攻法で古馬タイトルと勝ったことのあるリアルスティールだけだろう。
マカヒキは本番でこそ、サトノアラジンは連チャンがあるタイプではなさそうだから、馬場回復間違いなしの日曜日は、平穏な決着になるのではと考える。

 

タグ :    

レース予想   コメント:0