2017年朝日杯フューチュリティS レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

朝日杯フューチュリティS -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

◎タワーオブロンドン

○カシアス

▲ダノンプレミアム

先週は人気馬が飛んだが、川崎では無茶苦茶なレース内容で断然人気馬が快勝した。

今週は果たして。

ローテに無駄のないダノンプレミアムは、ローテにケチをつけられる筋合いはない半面、全く揉まれることなく2戦快勝への不安材料はある。

プレッシャーの質が、今度は後ろからだけではなく、前の作る流れに影響されるというのは、殊GⅠに関しては日常茶飯事。

変にスローでは、返って危険というパターンもある。

筆者は、前哨戦の一つである京王杯2歳Sに無敗馬ではなく、すでに負けている馬がいて、それがオープンクラスを制している有力馬が多いから、これは信用できるとした。

誰でも能力全開の阪神外回りコースで行われるこのレースは、これまで3回、全て直線一気型の馬が制している。

この後活躍しないことがあるのは、今も昔も変わらない。

ただ、それが意味することは、ディープ産駒が2勝しているように、それも急に勝てるようになったことからも、ただならぬ才能を求められる舞台であることの証左のような気がしてならない。

追う者が強ければ、それが自分より強くなくても、能力120%発揮で人気の評価など逆転できてしまうのだ。

ディープ産駒は2頭いるが、鋭く反応できそうなタイプではない。

同時に、揉まれてきた組の経験値は、どのレースも力のある馬が多かったから、負けただけで脱落というものでもなく、戦法のバリエーションも案外豊富だったりする。

大外一気というより、最後は外からという2歳GⅠの流れに乗って、タワーオブロンドンの決め手をここは評価したい。

レイヴンズパスは欧州調教馬でオールウェザーBCの覇者になったアメリカン配合の芝馬。

母系はクラシック戦線でも馴染み深いディーマジェスティなどがいる欧州配合で、ヨーイドンの勝負に強く、トータルの好時計決着は苦手にする面も秘めるが、そんな馬が2戦続けて1400Mを1分21秒台で差し切り勝ちである。

前走のスローのレースの方がよりキレたから、距離延長の不安材料は少ない。

1600未経験の馬は、マイネルマックス以来しばらくご無沙汰だが、そういう馬は年々番組選択の自由度が増して減っているのも事実。

一概に、ダノンプレミアム有利の説には繋がらない。

先輩も快勝した京王杯勝者で、欧州配合にありがちなノーザンダンサーてんこ盛りの偏在型良血配合ではなく、ブリガディアジェラードやタルヤーなど、比較的ネアルコの主要血統との組み合わせにも適応できる底力型の種牡馬も5代以内に入った、タフさが基調のスピード型。

2000Mでダノンと同レベルとは思えない気性だが、この距離であれば、キレが鈍る可能性は考慮しなくても大丈夫なはずだ。

もっと前走より前に行く気を魅せれば面白い夏の2歳S覇者カシアス含め、相手には、

注フロンティア

△ステルヴィオ、ダノンスマッシュ、ダブルシャープ、ファストアプローチ

など、人気にはなっても、一定以上のスピード能力を持った馬は、純粋に評価したい。

もう、2歳のチャンピオンレースは朝日杯だけではない。一番強い馬を決めるレースに変化はないが、今後はより、2歳チャンピオンのためのレースに傾倒していくだろう。

 

タグ :  

レース予想   コメント:0

2歳馬選定<~京都2歳S>

読了までの目安時間:約 3分

 

京王杯
超スローで展開するも、11頭立てということもあり、各馬に不利が生じるようなことはなかった。よって、上がり33.2秒で突き抜けたタワーオブロンドンにスケール感が際立った印象。極端な追い込みタイプではないだろうし、GⅠに王手が掛かった。
 
デイリー杯
良血イン強襲のジャンダルムが、やけに控えめの評価に反発するように、鋭い決め手を発揮した。母がビリーヴだけに、根幹距離が合うけど、距離延長でプラスという感じではなかった。
まあ、昨年のジューヌエコールよりはタフだとは思うが。
 
 
東スポ杯
結果に驚きなど全くないが、展開が速すぎて、現時点での総合力がそのまま反映されることに。
こういう流れを今後それだけ経験できるか分からないが、勝ったワグネリアンに死角は全くない。ルーカスもここではおままごと程度の競馬しかできなかった。
 
京都2歳S
ハーツクライのワンツーも、キャラは違った。
勝ったグレイルは総合力型の中距離馬。人気のタイムフライヤーは、本当は小回り向きでも脚の使い方が難しい差し馬。ディープには多い傾向も、力がある証拠ともとれる。
 
ファンタジーS
スローなのに差しが届くというのは、力勝負だった証拠。
ベルーガの決め手は素晴らしかったが、ダイワメジャーの2頭も適性を感じさせる内容で好走。勝ち馬はマイルでも何とかなる気はする。

福2楽勝のアンヴァル<カナロア×アルーリングボイス>は、母系のイメージより伸びしろがありそう。

500万有力は少ない。
重賞でも少頭数だから、大きなところを目指す馬はいきなりそちらに回るケースが今後も多くなる。
ここはレコード勝ちを素直に評価して、もちの木賞快勝もビッグスモーキーをイチオシしておく。
芝は白菊賞快勝で2戦2勝としたリリーノーブル。

厳選1勝馬
評価は1頭抜きん出る形で、5回京都4日芝1800M圧勝のダノンフォーチュン。
ディープ×Sキャットのトレンド配合で、ある程度の決め手もある大物。
あとは、5東5芝1600<牝>快勝のレッドベルローズ。
これも母母父SCで似た配合。キレはこちらが上位も、距離はマイルが合いそう。

 

タグ :         

コラム   コメント:0

朝日杯FS展望

読了までの目安時間:約 3分

 

京王杯を見る前までは、いくらでもチャンスのある馬がいると思っていたのだが、ホープフルSGⅠ昇格元年の今年、メンバーがある程度分割されること請け合いとなると・・。
正直、一昨年の失敗を繰り返すようだが、栄えあるGⅡウイナーとなった実質外国産馬のタワーオブロンドンのスケール感は、この2歳チャンピオン路線では抜けている気がする。
その内容如何では、クラシック路線を展望することになるだろうが、グラスワンダーやナリタブライアンのような万能性とは違う決め手が見られた。
鞍上が自信を持っていない以上、NHKマイルCから、本格的な欧州競馬参戦をビジョンの真ん中に据える形がベストの展開となるだろう。

できれば、父がそうであったように、BC挑戦もダートにもマイルができたからこそ、そこに挑む価値が出てきた。
怪我さえなければ…、の状況だ。
未来を展望するにも、まずは完成度の高さも示した前走の内容から、アストンマーチャンの時のウオッカやエアスピネルとの時に空気を読まなかった天才型・リオンディーズといった、血統馬でありまた勝ち方にも鮮烈なものがあった馬の登場がなければ、頭は固いだろう。
一度は負けている馬だから、無敗馬にあっさりというシーンも少し考えづらい。

死角があるとすれば、早くも4戦を消化している点。
オープン特別も重賞も勝っている非無敗馬というのは、それほど過去にいっぱいいたわけではない。
重賞複数勝利馬が今は登場しやすい状況にあって、コスモサンビームとメイショウボーラーとの高度な争いは、事実上、フロンティアがデイリー杯のややだらしない4着を持ち直した再度の強気の騎乗で、レースレベルをグイグイ上げていけるかどうかにかかっている。
それとて、対抗候補という立場。

負かすなら、裏路線組に決まっている。
オルフェーヴル牝駒がやけに強いから、それらに負けることは決して、悲観する材料とはならない。
新馬で掲示板に載っていた馬は、その後レースを使われれば必ず勝つというロックディスタウンとその仲間から、萩S独走のタイムフライヤーあたりを挙げておく。
ホープフルSでも有力だが、頭数次第では…、である。

 

タグ :   

レース予想   コメント:0

京王杯2歳S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

伝統と格式の著名な2歳の重賞レースながら、11頭立てというのは、いくら重賞競走激増の昨今とはいえ、やや少なすぎるきらいはある。

それも仕方ないと思わせるのが、有力とされるオープン馬が素晴らしい実績を誇っている点。

  • アサクサゲンキ<1200持ち時計断トツ、小倉2歳Sはハイペースを好位抜け出し>
  • カシアス<恐らく史上初の函館12003戦全て、1分10秒以内で走破の当地チャンピオン>
  • タイセイプライド<1400戦を2戦2勝、左回り実績断トツ>
  • タワーオブロンドン<好調の藤沢厩舎所属、関東馬には珍しい関西圏のオープン勝ち>

 
選り取り見取りということで、ここは全部押さえる事にした。というか、他は買わないと決めた。

◎カシアス
○タワーオブロンドン
▲タイセイプライド
△アサクサゲンキ

半姉ラビットランの覚醒具合を考えたら軽視禁物だろうが、2歳重賞で3戦目勝ち上がりのアサクサゲンキのようなタイプが重賞連続好走というのは、殆んど稀。
実質的には3強の組み合わせだろう。
上位に支持した3頭は、浜中、ルメール、ミルコらが2、3戦全て騎乗している点、また負けを経験しているということでも引き出しが多い分、特に本命と対抗の信頼度は増す。

函館で1か月半という短い開催の中で、中1週→中2週という経験に加え、カシアスという新馬6番人気の馬が、重賞勝ちをできる要素などほとんどない中での2勝であること、血統構成に似たところのある叔父ファイングレインというバックボーンも含めると、前走のギリギリ差し切り勝ちながら、返って、今後のこういう広い馬場での競馬や距離を延ばした時の対応力で、休み明けの不利をあっさり跳ね除ける経験値を持っている気がする。
相手は重賞を未経験で、重賞馬はマークされる競馬を嫌おうが嫌わまいが、変化のつけ方に敗因を求めることが多い時期で、3回とも策が違うのは有利な点ばかり。
追って味があるマイラーである可能性を、この舞台で大いに示したい。

 

タグ :    

レース予想   コメント:0

2歳馬選定<9月編>

読了までの目安時間:約 3分

 

野路菊S ワグネリアン
上がりの決め手ではクリノクーニングに0.1秒劣ったものの、重馬場を後方から大外強襲で突き抜け、人気勢のライバルを2馬身半差、上がり33.0秒で粉砕した内容は祖母に通ずるところがある。
・芙蓉S サンリヴァル
ドスローからの直線勝負は、すっと好位につけたサンリヴァルが追い込みの脚を使い、ファストアプローチにキレで勝ったという内容。
もう一頭のトゥザフロンティアは、評価を下すのは早すぎるが、少々単調な内容に終始した。

ききょうS タワーオブロンドン
前走の敗戦を機に、少し馬込みに入れる競馬をさせつつ、後方一気の追い込み。
2着馬が重賞3着のバーニングペスカで、これを子供扱い。
・カンナS ペイシャルアス
後方の人気馬が伸びきれず、勝ち馬は好位からの抜け出し。
キャリア4戦で重賞も経験し、降着も後方一気もあった牝馬。

500万条件では(初勝利のコース)、
アスター ノームコア<ハービンジャー>(福島18・新)
ヤマボウシ ドンフォルティス<ヘニーヒューズ>(中京ダ12・未)
サフラン レッドレグナント<ロードカナロア>(札幌15・未)
らが勝ち上がった。

以下、1日1頭ずつ候補生を挙げていくとする。
新馬・未勝利
9/9 阪1600 ジャンダルム<キティンズジョイ×ビリーヴ>
/10 阪2000 シルヴァンジャー<ディープ×アゼリ>
/16 阪18<未・稍> タイムフライヤー<ハーツ×BT> 新馬はロックディスタウンの2着。(中京2歳②アドマイヤアルバが2着)
/17 阪1800 リュクスポケット<Dメジャー×ジャンポケ>
/18 中12<稍> アンフィトリテ(牝)<ロードカナロア・叔父リアルインパクト>
/23 阪18<未> マイスターシャーレ<ディープ×キンカメ> 新馬はルーカスの3着。(シルヴァンシャーが勝った新馬戦の2着馬・ムーンレイカーが2着)
/24 中ダ12<重> デンコウケンジャ<ヨハネスブルグ・1:11.7で快勝>
/30 阪18<未> ヘンリーバローズ<ディープ・全兄シルバーステート>(ワグネリアンが勝った新馬戦の2着馬)
10/1 中1800 グローリーヴェイズ<ディープ・アマゾンウォリアー系>

 

タグ : 

コラム   コメント:0