血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

有馬記念展望

読了までの目安時間:約 3分

 


スワーヴリチャードは、一体誰を乗せてくるのだろうと思っていると、最重要前走になるJCの開催週になっていた。
やや評価のしづらかった3歳のトップホースが、血統の印象通りということなのか、秋になってから本格化の気配を漂わせている。
陣営とすると、父や祖父が縁遠かったJCにどうしても…、ということを抜きにしながらも、結局そうなっているローテを組んでいるレイデオロという大物が、東のトップホースに名を連ねている。
JC一本の気持ちは揺るがずとも、何か不完全燃焼で、それでも力の一端をのぞかせたとすれば、比較的好走例も多い有馬記念も視野に入ってくる。

JC組は基本的にその好走馬と人気馬、有馬で人気ガタ落ちの長距離実績のある古馬のいずれかしか買う必要はないから、実は、あまり見直す意味はない。
キセキはどう考えても不器用な男だから、機転の利くハイレベル牝馬の方が、今のところは有力だろう。
タフすぎるディアドラやモズカッチャンなどが転戦してくる可能性は、ハービンジャーということでも、十分途中までは狙いをつけてくることも想定される。

意外と面白そうなのが、善戦ガールのリスグラシュー。
ほぼ父ハーツクライと似た印象の彼女は、父よりは早く完成しており、こういう場面で最後のひと押しを可能にする道悪実績でも推挙理由がある。
加えて、牝馬同士でズブい馬は、たとえ本質キレ馬でも、ルージュバックのようなことは結構あるパターンで、格上の相手の方がいいことも多い。

これらと古馬との争い。
サトノダイヤモンドは厳しい競馬ばかりで、叩いて良化よりは、走り慣れた舞台での一変に期待も、結局回避。
体調は必ずしもいいはずがない。事前の選択肢が、今の自身の格に似合わず、妙に手広かった。
それならば、揉まれてきたシャケトラや困った時のAJCC勝者のタンタアレグリアなど、体格と内面がリンクしないやや華奢にみせる才能が、刹那的な爆発力を発揮する可能性は留意しておきたい。
これらはJCの掲示板入りが必須条件となる。

 

タグ :    

レース予想

オールカマー -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 


中山実績を素直に評価すべきか悩むディサイファ、タンタアレグリアら、やや煮え切らない状況に終始するアメリカJCC優勝馬より、ここは何度裏切られていたとしても、一族の好調さを己が生き残ることで示す使命を託されたモンドインテロに思いを託す方が理にかなっているように感じる。
本命は、重賞でこれまで【0025】という不安と、札幌日経OP連覇を含め【3000】というオープン特別の実績の真ん中を突いて、中山外回り【0000】という意外なデータに盲点ありと、前走の鮮やかな差し切りを信ずる材料をその点に求め、初重賞制覇に相応しい舞台にしてもらいたいと考える。

散々負けてきたこの馬だが、重賞以外で敗れたレースはダートの新馬戦と、上がり33秒台の脚を使っても前が残ってしまったようなレースだけに限られる。
その不器用さから、陣営も広い馬場をノビノビ走らせてあげたいという思いもあって、東京【1005】、新潟【1001】、京都【2011】という使い方をしておきながら、その他ダート戦を含めたレースは【3020】である。

眼鏡違いというよりも、期待の大きさと弟や一族のトップホース以外のステークスウイナーが示した小回り適性の方が、ずっと彼の本質を捉える要素となっていたのである。
残りのコースは、前述の札幌とホームの中山。
芝はまだ昨年のステイヤーズSだけ。
新潟でこれは思わせた時以来の田辺騎手に、ここはいとも簡単に重賞馬の戴冠をアシストしてもらおうではないか。

本質は何一つ変わっていない。
やっと、自分の持ち味を活かせる舞台を走れるというだけだ。

◎モンドインテロ
○カフジプリンス
▲タンタアレグリア
△グランアルマダ、ディサイファ、ステファノス、マイネルミラノ

グランアルマダもマイネルミラノも下げる手はないという組み合わせだが、これらに絡んでいけそうな馬はマイネルサージュくらいのもの。
○▲の2頭に器用さはないかもしれないが、変に器用で宝の持ち腐れとなっている人気になりそうな組より、彼らの方がよっぽど信用できる安定感がある。
今回はそこを買いたい。

 

タグ :    

レース予想