血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

2歳戦総括 牝馬編

読了までの目安時間:約 3分

 


終わってみれば、オルフェ産駒がレースを作った阪神ジュベナイルフィリーズ。

そして、最も自分の理想とする形に持ち込めた、人気馬の中で一番反応のいいラッキーライラックが、自慢の決め手を炸裂させた。

馬体の印象だけではなく、これまで男馬をねじ伏せていた同父・ロックディスタウンの実像は、ラッキーライラックがある程度流れに合わせて動いていける器用さを持っているのに対し、堂々真っ向勝負をするということで王者らしい競馬をしたいと鞍上も馬も思っているから、負ける時はこんなものかと、掛かって直線伸びずの案外の内容に終始することは致し方なし。

ジュベナイルフィリーズで惨敗の馬が、人気を背負っていて、そのまま終わることを暗示する結果になってしまうことは多い。

その分、歴代のそういった人気先行型に対し、彼女には札幌2歳Sを勝っている実績がある。

桜花賞の頃になると、よりその距離以上の底力やスタミナが問われる。

誰よりもそれを証明しているロックと、ここを勝って実力を示したラッキーとの争いは、今まだ始まったばかりなのかもしれない。

マイルならリリーノーブルでも足りると思ったが、少々甘かった。

ラッキーは東京の重賞で、ゴール板の奥にそのラインを設定するかのように、最後の最後に伸びていった。

キレイにマイルを勝てるリリーには、父ルーラーシップのような粗さがもっと必要なのかもしれない。

成長力がある系統に見えて、やや早熟傾向の一族というのは、今後は不安材料になってくる。

ここを回避した組では、出ようにも出られなかったもう一頭の不敗馬・ベルーガ<キンシャサノキセキ>や、路線こそ違えど、福島2歳S圧勝のアンヴァル<ロードカナロア>などもいるが、ほぼフルメンバーのジュベナイルフィリーズ。

ここで戦績に傷はついたが、まだ巻き返せそうな良血マウレア、第二のリエノテソーロになれそうなモルトアレグロなど、それなりに見せ場を作れた馬が、今後の中心馬になる。

トーセンブレスなんて、関東に戻れば次は楽勝に思えるのだが、賞金をきっちり稼ぎたい。

 

タグ :      

コラム