競馬ニュース&コメント

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

有馬は北村宏司<ルージュバックの鞍上決定>

読了までの目安時間:約 2分

 

24日行われる有馬記念への出走が予定されているルージュバックは、3日、前回エリザベス女王杯で騎乗したムーア騎手ではなく、北村宏司騎手に再び乗り替わりとなり、新コンビで悲願のGⅠ制覇を目指すことが決まり、所有するキャロットクラブのホームページで発表がされた。
オールカマーでは、再びの牡馬斬りで相変わらずの決め手を見せつけていたが、比較的当たりの柔らかい北村騎手との息が合えば、十分にチャンスはありそうだ。

実は、これと同時に発表されたのが、リスグラシューの回避。
共に伏兵で、気楽に挑める牝馬ということで、陣営の目論見と立場の違い、言うなれば、ゴール間近の活躍馬とまだまだこれからの3歳→4歳のホープと差が、こういう判断を生んだ可能性もあるのだが、少し残念な気もしないではない。

シンプルに勝つことに、GⅠ制覇に猪突猛進する姿が見られたのなら、たとえ、キタサンブラックのバッドエンドに直結する結果がもたらされたとしても、競馬の内容を吟味したら、至極納得の展開ととらえることはできる。
目標がまだ先にあるという考え方も、もちろん、有終の美を飾るべく周到に準備してきたのだから当然という見立てもあっていいわけだが、どこか、シンプルに使い分けの論理が働いただけという気がしてしまって、得心がいかないというのが本音である。

本当に馬のことを考えての判断だったのか。
中心馬ではない以上、レースの本筋には大きく影響しないかもしれないが、女王杯の差し損ねの後の大勝負に向けての段取りにしては、何だか腑に落ちない部分も否めない。

 

タグ :   

ニュース   コメント:0

エリザベス女王杯展望

読了までの目安時間:約 3分

 

すでに昨年の再現を匂わせるような有力馬の臨戦過程。
ミッキークイーンは今年も直行
ヴィクトリアマイルは果たして本当にチョンボだったのか、宝塚記念の3着こそが真実の姿だったのか。
疑問を突き付ける前に考えたい古馬になってからの戦績、
阪神牝馬S②
ヴィクトリアマイル②
エリザベス女王杯③
有馬記念⑤
阪神牝馬S①
ヴィクトリアマイル⑦
宝塚記念③
というものを冷静に判断すれば、消すことはないという結論に達する。

勢いは果たして。
府中牝馬Sにヴィブロスとアドマイヤリードが登場
週末の牝馬限定重賞は、大変な盛り上がりを見せることになる。
しかし、色合いが血統に似合わず相反するところがあって、ステイゴールドはマイル路線の方へ…。
同期の華は、生き残りの4歳世代として大いに暴れてもらいたい。

現状、キャスティングボートを握る面々
タレント多数の秋華賞組は?
こちらからも、4歳組のように棲み分けが図られる可能性はあるものの、距離がいっぱいいっぱいの馬がいたところで、では、完全にノーチャンスということもなさそうだ。
つまり、1F延長になる外回りの女王杯で、スローが見えているレースにマイラーが混じっていても、全然違和感は生じないのである。
モズカッチャンとファンディーナは、ローズSより着順さえ上がれば有力候補。

3歳時以来の参戦はあるのか、ルージュバック。
それと同父、同期の前年覇者、クイーンズリング。
その他も含め、残りの穴埋めは5歳世代の才女になりそうだ。
マキシマムドパリに期待しようと思っていたのだが、キングカメハメハ産駒はあまり奮わない傾向もあり、前哨戦も見せ場なし。
ポカは多いが、トーセンビクトリーは府中牝馬Sの内容は重要ではない分、面白い存在になる。

問題はスローに流れた時か。
昨年はそうだったが、基本的に前残りのところに実力のある馬が最後に突っ込んでくるという展開が普通。
クロコスミアやゲッカコウら東京組と、昨年の逃げがパッとしなかったプリメラアスールがこの秋は調子がいいので、出てきたらマーク。

 

タグ :        

レース予想   コメント:0

オールカマー -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

きさらぎ賞で見た、インを真っすぐに走って伸びる美しい競馬。
嗚呼、無情…。ステファノスと轡を並べてのゴールは、勝ったルージュバックとクラシックに挑んで苦杯を舐めた戸崎騎手の負け、という結果に終わった。
毎日王冠もエプソムCも、十分に勝負になる条件であるだろうステファノスの守備範囲のはずのレースで、この日競り負けたルージュバックは楽勝していた。

どちらにとってもベストの舞台ではない中山外回りで、最初から正しいポジションをしっかりと確保した中で、自慢の直線でのキレをお互い発揮したのだ。
勝ち負けはどうしても付き纏うから、結果というものに差はつくのは仕方がない。
しかし、勝てる条件がある馬と必ずしも好走が勝利に繋がらない馬との差には、こんなにも勝ち運に違いが出るものなのだと、似た者同士ではないことを確信するような攻防になったように感じる。

毎度毎度休み明けでは勝ち切ることはできないタンタアレグリアは、どこを目標にするとかはっきりしたことは言えない状況であっても、やや苦手だろう超スローの中距離重賞で好走し、力を示した。
これが上位勢で最も内容のあった馬か。

序盤の流れから上位争いは望み薄だったアルバート、デニムアンドルビーら本格派のベテランに加え、4着以下自分の位置を取って、思惑に関係なく、ここでの主力級に続いた組には、何かしらの展望があるかもしれない。
一方で、人気勢の中で唯一、序盤から今一つだったモンドインテロは9着に入るのが精いっぱいという内容。
滅多に体が増えたり減ったりしない馬が、前走で生涯最高タイの492kgに激増したかと思えば、今回は絞れて思惑通りと思える-10kgながら、正直、箸にも棒にも掛からぬ惨敗である。

一回一回燃え尽きるくらい頑張るところがあるのか、戦績に表れない死角が今回はっきりと見て取れた。
5歳秋でもこれでは、陣営も困ってしまう。

 

タグ :   

レース回顧   コメント:0