2017年阪神JF レース展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

阪神JF展望

読了までの目安時間:約 3分

 

桜花賞への展望という意味では、今のアルテミスSは大いに機能しているものの、その連対馬は、2着だったメジャーエンブレムが勝った以外、人気以上に走った記憶はない。
アユサンやレッツゴードンキはここでは少し力負けという印象を残しつつ、春の快走へと繋げる経験を得た部分もある。
コレクターアイテムやデンコウアンジュなど、走りすぎて反動が出てしまった馬などの例を考えると、
①ラッキーライラック-オルフェーヴル
②サヤカチャン-リーチザクラウン
という血統背景なので、いくら厳しい阪神マイルと言えども、容易に推せる才能となるわけではない。

ラッキーライラックと同じ父を持つロックディスタウンは、近年かなり増えた夏の2歳S優勝からの直行は問題なくとも、新潟で見せた決め手よりは札幌の消耗戦で牡馬連中をねじ込んだパワフルさの方が、本質を示しているように感じる。
高速レースにはならないとしても、スピードやキレに屈する可能性は大いにある。
ストームキャットが肌のサンデー系は、案外スピード型の活躍馬が少ない。

オルフェーヴルだから、今の時期に期待を持ち過ぎるのはやはり危険というのは、直前になればなるほど、そう考える人が増えていくことだろう。
京都の前哨戦で何を期待させるものがあったのか。
ミスエルテ以外はダメと思ったのに、ディアドラの裏切り?があった昨年とは違い、良血で血の混ぜ合わせ方がクイーンS連覇のアイムユアーズとよく似ているベルーガ以下、ダイワメジャーの2頭も実績通りに走ってきたから、まあ、着拾いの妙味で買い材料はある。
即阪神マイル通用の印象まではなかった。

今年は昨年とは違い、牡馬が非常に質の高いことを示すような結果を残している。
そういう時は、未勝利勝ちの馬にでもチャンスは十分にある。
姉ミスエルテと父違うハーツクライ産駒のミカリーニョは、配合のコンセプトが別のところにあるから、極悪馬場の東京で人気に応えられた。
これとて、決め手の質が読み切れない配合の馬。
総じて、パワー優先型が好調なので、キレのある馬をこれから探し当てたいところだ。

 

タグ :  

レース予想   コメント:0

松と竹の系統

読了までの目安時間:約 3分

 

キングマンボ系は元気だったのかもしれないが、雨馬場があまりにも多すぎた10月は、ディープ産駒が開幕週の東京、京都で重賞をジャックしたのみで、出番は少なかった。

  • 秋華賞 ハービンジャー-ハーツクライ-ハービンジャー
  • 菊花賞 ルーラーシップ-ディープスカイ-ディープインパクト
  • 天皇賞 ブラックタイド-マルジュ-ステイゴールド

 
ポポカテペトルも特殊なディープという扱い。まさに異常事態。

3レースともサンデー系がワンツーではなかったというのは、アウトサンデー血統が3連勝した08年<ウォーエンブレム-ジャングルポケット-タニノギムレット>以来の出来事であり、当時は孫世代の質がまだ不安定だったから、秋華賞はジャングルポケット、以降は勝ち馬が1番人気に推されて勝利した。
時代は移ろい、サンデー2世勢揃いの時代にこの結果。
意味合いはまるで異なる。

ハービンジャーはまだこれからの若い種牡馬だが、ほとんどは10歳以上かすでに死んでいるから、この手の不穏な気配漂う厳しい馬場状態で、人気に応える馬を出したルーラーシップのキングカメハメハのラインは、現状、松の血筋と断言できるだろう。

ルーラーシップはともかく、ドゥラメンテやロードカナロアはレースレコードを出してGⅠを勝った馬である。
サンデー系に対抗しているだけではなく、それを取り込める血統背景を味方につけ、更には、伸びしろもあり、ダートも歓迎という万能性が、今後の発展をより加速させる要素となる。

サンデー系で生き残れそうなのは、ディープを除くとなると、ステイゴールドのクラシックホースの仔出しの良さに加え、ダートのトップホースをコンスタントに送り込むゴールドアリュールなど、池江パパラインの良血種牡馬が、今後のライバルになるか。
母父シンボリクリスエス対決で、今年はキングカメハメハが勝ったが、いずれこの同系配合の耐用性も、母父ブライアンズタイムで早速チャンピオンを送り込んだゴールドアリュールには、芯の強さを感じさせる部分がある。
そして、それはスマートファルコンに受け継がれ…。
同系とはいえ、ロベルト系とけんかしてはいけない。

 

タグ :        

コラム   コメント:0

回転軸 血統・騎手から

読了までの目安時間:約 3分

 

今、本質ダート向きの血統は、これから主役を生み出すトレンドの配合をリードするのではと感じる。
早く暑くなって、東は夏が結局ずっと涼しかった。
全体のレベルが低調になっている時に、さて、誰がフォローするのかと思ってみていると、札幌記念ではキングカメハメハの上位独占、5着以内に4頭入る結果に。
マーベラスサンデー産駒のタツゴウゲキがサマー2000シリーズチャンピオン、クロフネの3歳牝馬が北海道で圧倒的なパフォーマンスを見せ、ダート重賞2戦は断然の存在だった中心馬を差し切る新たな才能との遭遇と相成った。
極めつけは、タピット産駒・ラビットランが魅せる豪脚か。

函館、札幌の開幕週以外の重賞は、総じて、想定内の時計の決着ばかりで、層の薄くなったいわゆる良血馬の陣容には、かなりの隙があったのは事実。
秋以降に大きなものを獲ろうという目論む陣営があったのに、実績のある馬ほど不発に終わった。
しかしそれは、6月の中央場所開催中からそうだったので、キレる馬以外は渋い血統でも勝負なるかもしれない。
サマーチャンピオンをイチ推しとしつつ、既存勢力からは1800以外は下げることに固執して勝負に徹したいディープ×Sキャットのリアルスティールを再評価したい。
春は散々だったが、この配合で正攻法ではスタミナが足らない部分がある。
鞍上が固定できればいいが。

若手が活躍したようで、ベテランの腕が光る開催後半となった騎手に関しては、ルメールの大爆発で終わった札幌を筆頭に、収まるところに収まった印象しかない。
そして、秋開催の序盤もトップジョッキーが目立つ結果ばかり。
嗚呼、うたかたの夏かな、では物足りない。
この夏きっかけを掴みかけている北村友、三浦両騎手の再チャレンジには期待したいが、オーナーの皆様、よろしくどうぞとしか言えないのは歯痒い…。

強かさで上回ることができない以上、態度以外で、主導権争いで常にリードできるように、位置取りの意識は調子の良し悪しに拘わらず、積極的にあってもらいたい。
比較おとなしい騎手が上位争いをしている。
例外のミルコが先行している時以外は、どんどん前に行きたい。

 

タグ :

コラム   コメント:0

速力の限界

読了までの目安時間:約 3分

 

ダート血統の件の続きにはなるのだが、この夏の傾向は、ちょっと変というか妙である。
北海道2場で行われた重賞が、開幕週であること以上に高速化していたせいで、共にクロフネ産駒が快時計を叩き出した。
それも3歳の牝馬。
可能性により大きなものがあった馬に有利な馬場だったのだろう。

一方、七夕賞、函館記念、小倉記念はそれぞれ共通して、ディープ×BT、メイショウサムソン、マーベラスサンデーという何とも捉えどころのない血統の馬が勝利。
でも、レベルが低いどころか、その他注目の良血馬を差し置いて、文句なしの内容だったからこれまたびっくり。
七夕賞も小倉記念も、良馬場でこのレベルの時計なら納得というレベルで、馬鹿っ速い時計が出る場面ではさすがに出番はなかったのかもしれないが、独立したレースという観点では十分にその格に相応しいものがあった。

血統や実績などというものは、所詮は判断材料の一つであり、意外と信用ならないものだと証明するが如く、梅雨時に暑くなって、東日本はぐずつく日が増えたりという変な天気に呼応するかのようなこの結果には、ある程度の関連性はあるのだろうと思う。
常識の変化がリンクしている。

苦しさを経験した馬は、2歳戦でも古馬の重賞でも、最後は勝ち負けのポイントになるもの。
サンマルティンが逃げ馬で、マルターズアポジーが差し馬だったら…、きっと結果は同じだろう。
時計が速くなっているのに対応できないということは、速くはないとも言えるわけだ。

少なくとも互角のスピード能力があれば、函館の重馬場でタマモベストプレイがルミナスウォリアーに完敗ということはなかったはずだが、長めの距離実績があったもの同士で最後は競ったのだから、フジキセキはメイショウサムソンに屈服させられたことになる。
謎の凡戦となった札幌記念のキンカメ×SSワンツーには驚かされたが、脚の使いどころの難しさそのものが結果に反映されたのは事実。
有力馬には距離適性の幅がある分、対応可能が展開に限界があり、穴馬にそこを突かれてしまったのは、ある意味、レースの格が機能した証なのではないか。

 

タグ :    

コラム   コメント:0